SCORE CARDBACK NUMBER

MVP候補のスペイン人、ガソルとメンフィスの“縁”。
~好調グリズリーズの大黒柱として~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/12/11 10:00

216cmの巨体を生かす持久力を手に入れたガソル。今や南部を代表するスターとなった。

216cmの巨体を生かす持久力を手に入れたガソル。今や南部を代表するスターとなった。

 メンフィスは独特の空気を持った街だ。労働者の歌、ブルースを生んだ街。南部独特の温かさの一方で、外からはその真骨頂はわからないという自負を感じさせる土地でもある。

 そんな街を代表するチーム、メンフィス・グリズリーズの大黒柱がスペインから来た選手というのは、一見ミスマッチにも思えるが、実はそのスペイン人、マルク・ガソルこそ、チームの誰よりもメンフィスの街に縁深いのだから面白い。

 さかのぼること13年半前、ガソルは兄のパウがグリズリーズに入ったときに、両親や兄弟とともにメンフィス郊外に移り住んだ。当時、まだ16歳の少年だった彼は地元の高校に入り、卒業までの2年間を過ごした。その後、いったん帰国したが、'08年にアメリカに戻り、彼自身がグリズリーズ入り。以来6年余、高校時代とあわせると、すでに8年以上の年月をメンフィスで過ごしている。芸術家肌の兄と比べて、むしろ質実剛健なマルクは独特な風土にも溶け込んでいる。

かつての点取り屋ランドルフからも厚い信頼を受けて。

“グリズリーズの大黒柱”と書いたが、実際にその自覚と風格が出てきたのは今シーズンからだ。きっかけは昨シーズン、膝の故障で23試合を欠場したことだった。その間グリズリーズは10勝13敗と苦戦し、ガソルの存在の大きさを知らしめた。またガソル自身は、自分の身体を整えることの大切さを実感し、食生活を改善。体重を落として今季に挑んでいる。

「体重を落としたことで、常に全力を出せるようになった。副操縦席に座り、途中から人に任せるのではなく、試合を通してコントロールし続けることができる」とその効果を語る。

 ガソルとチームメイトになって6年目のザック・ランドルフは、「マルクはこのチームのエンジン。彼が倒れれば僕らも倒れる」と信頼を寄せる。かつて点取り屋だったランドルフが進んで裏方の役割を受け入れるのだから、どれだけ認められているかがわかる。

 リーグMVP候補と評価されるガソルの活躍に牽引され、チームは12月2日時点で15勝2敗と西の首位に立つ。

「このチームには優勝するだけの駒が揃っている」とガソルは言う。「もし実際に優勝しなかったとしても、少なくとも、できることはすべてやったと、チームメイトの目を見て言える自分でありたい」

関連コラム

ページトップ