プレミアリーグの時間BACK NUMBER

“売れ残り”が果たした劇的な復活。
フェライニがマンUで放つ「異彩」。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2014/11/30 10:50

“売れ残り”が果たした劇的な復活。フェライニがマンUで放つ「異彩」。<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

一度は髪を短く切ったフェライニだったが、トレードマークのアフロも復活し、ピッチ上で存在感を放っている。マンUの異端児はCL出場権奪還を実現できるか。

新体制下での強豪からの初勝利にもフェライニが貢献。

 ファンハール体制初の強豪対決勝利となったアーセナル戦は、6割を超すポゼッションを敵に譲った末の、カウンターの勝利。3-4-3システムの中盤中央でマイケル・キャリックと並んだフェライニは、マイボールの度に相棒を後方に残して相手ゴール前へ。トレードマークの大きなアフロヘアが、アーセナルのペナルティエリア内に出没した。

 56分の先制点は、左SBキーラン・ギブスがGKボイチェフ・シュチェスニと衝突した挙げ句にオウンゴールまで記録した「貰い物」だが、そもそもギブスが慌てた理由は、背後から回り込んでクロスに頭で合わせようとしたフェライニの存在だ。

 85分にウェイン・ルーニーが追加点を決めた9秒間の速攻は、自軍エリア手前でこぼれ球をアンヘル・ディマリアへと繋いだフェライニのパスがきっかけとなった。

現状の活躍にも、来季のポジションは約束されていない。

 昨季とは見違える貢献ぶりに、メディアではフェライニのマンUにおける重要性が説かれ始めた。クラブOBのブライアン・ロブソンは「マンU選手らしくなった。楽しみだ」として、今後への期待を膨らませてもいる。但し現実には、ファンハール体制で本格的な主力となれるかどうかは微妙なところだ。

 前述したように、足下で素早くパスを繋いで攻めるスタイルを好むファンハール向きの選手ではない。費用対効果の観点からも、例えば先の直接対決では互角に終わったが、1歳年下で移籍金額が12億円ほど安いチェルシーのネマニャ・マティッチが上だ。マティッチと共に現プレミアを代表するセンターハーフと言えるヤヤ・トゥーレには、その翌週のマンチェスター・ダービーでの個人バトルで力負けしている。

 今冬の移籍市場では、火急の課題である新CB獲得に補強対象が限られると思われるが、改めて総合的な梃入れを進める来夏には、年俸も週給換算で10万ポンド(約1800万円)台と安くはないことから、ファンハールが多少の売却損は覚悟の上でフェライニ放出に踏み切り、描く「新マンU像」により適した新戦力の獲得を望んでも不思議ではない。

【次ページ】 いまや、ヘディングのたびに歓声が寄せられる。

BACK 1 2 3 4 NEXT
マルアヌ・フェライニ
マンチェスター・ユナイテッド
ルイス・ファンハール

ページトップ