私とDo 特別編BACK NUMBER

<いつ飲む?何飲む?どう飲む?> サプリメントガイド ~旅ラン編~ 

text by

君塚麗子

君塚麗子Reiko Kimizuka

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2014/11/29 11:00

<いつ飲む?何飲む?どう飲む?> サプリメントガイド ~旅ラン編~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

 海外レースにおける成功のカギは「いかに非日常感をなくすか」につきます。何時間も飛行機に乗り、環境のまったく違う場所へ行く。観光やショッピングを楽しむだけならまだしも、そこで“走る”となれば身体には相当な負担がかかります。外国という非日常の環境の中でできるだけいつもと同じ生活を送り、レースに臨めるかが成功の秘訣になってきます。

 栄養素の観点から言うと、気を付けて摂って欲しいのがグルタミン。非必須アミノ酸であるグルタミンは身体の中で合成できるアミノ酸で、免疫機能とも密接な関係にあります。例えば風邪を引いたりケガしたりすると体内で大量のグルタミンが消耗します。失われたグルタミンの合成が間に合わないと、コンディションにも影響が出てしまう。季節の変わり目は体調を崩すと言いますが、寒い気候の日本からハワイのような南国へ行って走る人は、免疫機能を低下させないようによほど気を付けなければいけませんね。

南国でのレースにはクエン酸系のドリンクも。

 もうひとつ、南国でのレースに参加するなら乳酸対策を意識したクエン酸系ドリンクも積極的に摂取しましょう。ナトリウムが配合されているものがベスト。現地についた瞬間から「夏」を意識して、水分と塩分の補給も夏仕様に切り替える。現地でもスポーツドリンクやサプリメントは売っていますし、目新しいものを試したくなると思いますが、それはレース後に。飲み慣れたものを旅先へも持って行き、身体をできるだけ日常の状態に保ちレースに臨む。試してみたいものはレースが終わってから存分に楽しめばいいんです。

【次ページ】 旅ランにはこの2つを持って行くべし!

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
私とカラダづくり

ページトップ