SCORE CARDBACK NUMBER

ジョーダンの激励と共に、新生ホーネッツは進む。
~シャーロットの人々と再び結束を~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/11/18 10:00

ジョーダンの激励と共に、新生ホーネッツは進む。~シャーロットの人々と再び結束を~<Number Web> photograph by Getty Images

「アイム・バック!」

 これが、マイケル・ジョーダンのツイッター第一声だった。'95年、2年近い引退から現役復帰した時と同じフレーズである。ふだんツイッターはしないジョーダンが、開幕前に1日だけ、自らが所有するシャーロット・ホーネッツのアカウントから発信した時のことだ。

 といっても、今回はジョーダンが戻ってきたわけではない。もちろん現役復帰ではないし、このチームのオーナー陣に加わってから8年、筆頭株主になって4年半がたつ。コートサイド席から応援する姿も見慣れた光景となった。

 代わりに戻ってきたのはホーネッツの名前と、そして会場や街の盛り上がりだ。12年前、当時のホーネッツがニューオリンズに移転したことは、街の人たちにとって悲しい思い出だ。その後、新チームのボブキャッツが誕生したが、地元ファンからは受け入れられなかった。

「ファンはホーネッツを愛していたから、移転したことで、NBA自体に怒りを感じていたようだ。その傷がようやく癒えた」と、ジョーダンの右腕で、球団社長のフレッド・ホイットフィールドは言う。

「頂点に立つ感覚を味わおうじゃないか」

 昨季ニューオリンズのチームがチーム名を変えて“ホーネッツ”の名があいた後、ボブキャッツは地元でアンケートを取った。すると、実に8割を超える人が、名前を戻すことに賛成だったという。

 チーム名変更にあわせて、マスコットやチームカラー、ロゴなどすべてを一新し、フロアやロッカールームも改装。新しいけれど、懐かしいチームになった。

「後ろに戻りたくなかったから少し心配だったが、ホーネッツの名前は思っていた以上に地元に浸透していたようだ」とジョーダンは喜ぶ。

 地元ファンが歓迎するのは、表向きの変化だけではない。チームは昨季、4年ぶりにプレイオフに出場。1回戦で敗れたものの、オフシーズンにはFAでランス・スティーブンソンを獲得した。'90年代の、ほぼ毎年プレイオフに出ていた頃のような空気が満ち溢れてきた。

 もっとも、現状で満足していたら、ジョーダンはジョーダンではない。

「底辺の苦しみも経験した。選手には昨季の結果で満足してほしくない。これから登っていき、頂点に立つ感覚を味わおうじゃないか」

関連コラム

関連キーワード
マイケル・ジョーダン
シャーロット・ホーネッツ
ランス・スティーブンソン
NBA

ページトップ