スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

ファーストサーブと「5~9打」。
錦織圭の強さを示す2つのデータ。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/11/14 16:30

ファーストサーブと「5~9打」。錦織圭の強さを示す2つのデータ。<Number Web> photograph by AFLO

ファーストサーブをテンポよく決め、ネットにも果敢に詰めた錦織圭。歴代最高のファイナルセットでの勝率を誇る粘り強さは、この日も発揮された。

 ロンドンで行なわれているATPのツアー・ファイナルズ、錦織圭が準決勝進出だ。

 それにしても、民放各局の朝のワイド番組は、まるでグランドスラム並みの扱いだ(いや、それ以上?)。「錦織の時間帯」を作れば視聴率を稼げるということなのだろう。

 去年まではまったく取り上げることがなかったわけだから、驚き、呆れてしまうが、これだけのテニス熱はひょっとしたら1980年代以来ではないか。

 さて、錦織の分析に移ろう。フェレール戦と、敗れたフェデラー戦を比較しながら話を進めていく。

 試合前、ラオニッチの棄権が発表され、急遽、まったく別なタイプのフェレールが登場して錦織も面食らったことだろうが、フェレール戦勝利の鍵は、次のスタッツ(数字)だ。

・ファースト・サーブによるポイント
・5~9打でのポイント

フェデラー戦からの中1日で修正したサーブ。

 まず、錦織はファースト・サーブの確率が58%だったが(本当は60%欲しい)、ファースト・サーブが入った時のポイントの確率は80%もあった。最初にサーブが入れば勝ち、そんな状況だったのだ。

 対して、フェデラー戦はどうだったのか。

 この試合での錦織のファースト・サーブの確率は54%、なおかつポイントの確率は68%にしか過ぎなかった。対するフェデラーが79%だったから、フェデラーのペースになるのは当たり前だった。

 中1日置いて、錦織のサーブの改善が準決勝進出を引き寄せたのである。

「特にサーブの対策をしたわけではなかったんですが」と錦織はフェレール戦の後に振り返ったが、ネットに引っかけるフォルトが確実に少なかった。

 サーブの時、トスが前に上がってしまうと、体が前に突っ込み、ネットにかける可能性が高くなってしまう。安定したトスが重要なのだ。

【次ページ】 5~9打のラリーで圧勝した錦織圭。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
錦織圭
ダビド・フェレール

ページトップ