SCORE CARDBACK NUMBER

凱旋門賞で日本勢を苦しめた“ラビット”。
~ペースメーカーという戦略性~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2014/10/19 10:30

1978年以来、史上6頭目となる凱旋門賞連覇を達成した女王トレヴ。レース翌日に引退表明。

1978年以来、史上6頭目となる凱旋門賞連覇を達成した女王トレヴ。レース翌日に引退表明。

 ヨーロッパの競馬にあって日本の競馬にないもの。その一つに「ラビット」と呼ばれるペースメーカーの存在がある。ドッグレースで、ゲートが開く寸前に競走犬の前をすっ飛んで行く機械仕掛けのウサギのぬいぐるみが語源。犬たちはその動きに狩猟本能をかき立てられ、全力で走るという仕掛けだ。

 競馬の場合のラビットはあくまでも先導の役割。草食動物であるウマにウサギを襲う習性はなく、差し脚を生かしたい主役馬の展開の助けになるように、ちょうどいいペースでレースの流れを作るのが出走の目的なのだ。ラビットの存在は重要で、別の陣営もそれを仕立て、ときにはラビット同士の主導権争いが展開されることもある。欧州に拠点を置いて活躍していた当時の武豊騎手がラビットへの騎乗を依頼され、「意外に難しいミッション。別の意味で緊張した」と述懐していることでも、欧州競馬におけるその意義と価値の重さがわかる。

欧州勢はラビットを使い、日本馬包囲網を敷いた。

 日本の競馬ではラビットの存在そのものが認められていない。日本中央競馬会競馬施行規程第81条に「競走に勝利を得る意志がないのに馬を出走させてはならない」と厳正に定められており、仮に同一馬主であれ、同一厩舎であれ、他馬のために捨て身で走らせるという行為は違反にあたる。建前論の典型のような決まりではあっても、日本の競馬はそういう約束事で成り立っているのだ。

 今回の凱旋門賞は、現役で最も勝利の可能性が高いと期待された日本馬3頭が挑戦していただけに、6、8、14着という結果には、少なからず落胆させられた。ハープスターは、後方待機から直線大外一気というスタイルを貫いての6着で、ある程度の達成感はあったのかもしれない。しかし、レーティング世界一でマークされる立場にあったジャスタウェイは、馬群に詰まって最後まで出口が見出せないままの8着。ひと脚も使わせてもらえないのは辛過ぎた。ゴールドシップには上がりの時計が速すぎたのだろうが、これも戦略を練り尽くしたとは思えない。

 ホームで優位に立つ欧州勢は、油断なくラビットを使い、日本馬に対する包囲網を敷いた。その状況から力で抜け出したのがトレヴ(牝4歳、フランス)だったわけで、経験値で劣る日本勢は、ただ力を信じてぶつかり、そして敗れたのだ。

関連コラム

ページトップ