アギーレジャパンのブラジル戦、ベストメンバーで戦うべきだった?

集計グラフを閉じる

 0-4で敗れた10月14日のブラジル戦。アギーレジャパンのスターティングメンバーには代表キャップ数1以下の選手が4人いました。  彼・・・続きを表示

●ベストメンバーであるべき
●ベストメンバーでなくてもよい

1-10件を表示 / 全41

すべて| ベストメンバーであるべき| ベストメンバーでなくてもよい|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 新戦力を試すべき試合は前の試合ジャマイカ戦だった。貴重なブラジル戦をしかも第3国でできる格好の状況を不意にした。
    監督の考え方が選手と共有されていない感が否めない内容だった。
    これからの日本代表はどんな各上相手にもあのような大敗は許されない。

    TORONCOさん2014/10/18 09:11に投稿

    15
    そう思う!
  • 格上だからこそ、経験値を増やすいい機会。
    本番になって初めて「世界レベルとの差を実感した」では意味がない。
    経験の少ないメンバーにとっては、この試合が1つの「世界基準」として体に刻まれたはず。
    そうやって「今の若手を4年後に使えるようにするための種まき」こそ、今の時期は必要なのでしょう。

    61さん2014/10/20 18:55に投稿

    12
    そう思う!

  • そもそも、この質問がナンセンス。
    現体制におけるベストメンバーとは誰を指すのか?

    本田も長友も細貝も、現体制において十分な結果を残しているわけではない。

    内田と香川が離脱し、遠藤や今野が代表から遠ざかっている現状ではベストメンバーは固まっていないと私は考えています。

    その中で、1.5軍とはいえセレソンと戦う機会があったのなら、若い選手達に経験をつまそうと考えてもいいと思います。
    それに、アジアカップというよりもワールドカップ予選や4年後のワールドカップを見据えた場合、現段階で強豪チームと対戦した場合の姿勢、心が折れそうな局面での振舞い方を見ておくのは非常に重要なことだと思います。

    ザック体制でのテスト皆無な状況に文句を言っていたのにね。

    わ、渉です!!さん2014/10/16 17:37に投稿

    8
    そう思う!
  • そもそもこの体制4試合目でのベストメンバーの定義とは何でしょう?
    代表試合数が多い順に出して行けばいいのでしょうか?
    アジアカップ後なら分かるが再構築をしている最中にこのレベルの相手をマッチングするのがそもそもの間違い。
    正直思い切った事をしたと思いましたが、先行投資として考えれば間違いではありません。

    現状で何が出来て・何が出来なかったか。

    これが分かっただけでも選手の意識が変わってくると思います。
    代表経験が少ないメンバーが多く、この試合を経験したことにより選手の意識とプレーが向上すればこの時期の大敗なんて安いものです。

    tronさん2014/10/16 20:53に投稿

    5
    そう思う!
  • 本田や香川、長友のようにチャンピオンズリーグを体験しているような選手たちはある程度計算が立つのでテストしなくてもよかったと思いますが、今後のチームで主力になりそうな細貝などは試して欲しかったなというのがあります。
    それに、アジアカップに向けた選考という言い方をしていますが、ブラジル相手にそれをするのは無理があるでしょう。
    アジアカップで優勝したザックジャパンはブラジルに完敗してる訳で、就任間もないとはいえ、Jリーグで少し活躍してるくらいの選手がブラジル相手に何かできる訳がないということぐらいは理解しておいて欲しいところです。

    日本代表にとって強豪とのテストマッチは本当に貴重なので、現状のベストメンバーでどういう戦い方をすれば勝ち点を拾うことができるのかをテストするべきだったと思います。
    いつも通りに戦っていつも通り惨敗して、いつも通り世界との差を痛感してるだけでは進歩がありません。

    rogerさん2014/10/17 13:14に投稿

    4
    そう思う!
  • ワールドカップ予選を通過してくれれば、残りはどのように使っても結構でございます。
    欲を言えば、ワールドカップ本戦でもグループリーグを突破できるように率いてくれれば、どのように試合に挑もうとも結構でございます。

    たけまろさん2014/10/17 14:42に投稿

    4
    そう思う!
  • 現状の日本代表というのは、伝統的な独自性を未だ見つけられず、ワールドカップが終われば一からチームを作り直すというレベル。そして、アギーレ監督が代表になってからまだわずか4戦目。アギーレ監督が、これからどんな日本代表を作り上げて行くのかという事はまだ確定しておらず、つまりはそのチームにとってのベストメンバーがどの選手であるか何も決まっていない。例えば絶対的なエースと思われている本田が、アギーレ監督の作る日本代表にとって必要な選手である保証すらない。要するに、この時期に、チームの「ベスト」と思える面子が揃わないのは当然と言えば当然。そういう意味では、どんなメンバーで挑もうと問題ない。問題は、その結果と内容だ。
    今回のブラジル戦で何が見えたのか。僕にとっては、結果だけではなく内容に大いに不満が残る試合だった事は残念でならない。その事の方が重要な問題だ。

    渡部真さん2014/10/16 14:59に投稿

    3
    そう思う!
  • 新監督を迎え、新しい体制を作り上げようとしている時だから、監督のポリシーを信じるしかない。それが戦力見極めのテストならベストメンバーで臨む必要はない。
    現時点でのベストメンバーで臨むなら結果的にザッケローニ時代と変わらない顔ぶれで次の4年に目を向けるなら交代することになってしまうのではないだろうか?
    むしろ、ブラジル相手にしてまで選手をテストしたアギーレの考えというのは今までになかった考え方で、日本サッカー史に新しい血を入れてくれたように思う。

    ogaさん2014/10/16 17:47に投稿

    3
    そう思う!
  • 次を担う世代が
    来年アジアカップでもワールドカップでも
    気おくれせず戦えるように努める方策を
    今の時期だからこそ
    監督・日本サッカー協会が
    考えてなすべきでないでしょうか。
    ベストメンバー云々については
    本田、細貝、柿谷選手を出して確認しました。
    香川、吉田、内田選手は不在。
    あと識者の方が、
    ベストメンバー云々と言われますが、
    それがどの選手かも
    どのようなこと技術、戦術なのかも、
    よく分かりません。
    それよりも、
    走りながらパスしたりボール受けたり、
    相手より一瞬早く動き出したり、
    マーク・パス・ドリブルの緩急だったりが、
    Jリーグレベルでは全くダメだと感じる方が、
    今の時期、最も重要ではないでしょうか。
    止まっての足技は
    最近の世代は世界クラスと思いますので。

    yukioさん2014/10/16 18:19に投稿

    3
    そう思う!
  • 今回、アギーレジャパンの体験した経験は大変に大きいとそう言える、まずは「これが監督のやり方なのだ」とそれを知りたかったのは多くのサッカー日本代表のコメンテイターやサポーターなんじゃないか。そう考えるといちいちケチをつける必要はない。アギーレ監督は選手そのものを知りたかったのだから。
    ただひとつだけ言わせてもらえれば、彼ら選手達のコンディションを考えつつ代表には「これから」核となる選手を代表に投じて欲しい事だ、今回、本田選手が控えだった事(本田の気持ちもよく分かるが)を考えればアギーレジャパンはブラジルWCのメンバーも頭に入れた新たな存在を探していると思われる、そうすることでこれからの日本代表が「生まれ変わる事」なのだから。
    本田だけではない大きく育つ選手を代表の核にする。
    相手はどんなでも自国の日本代表の試合を叩き台にする事さえ私は歓迎する。おおいに日本を強く逞しく育ててほしい。

    MinnadeVさん2014/10/16 18:38に投稿

    3
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ