プロ野球、タイトル獲得のための敬遠はあり? なし?

集計グラフを閉じる

 プロ野球レギュラーシーズンがクライマックスを迎えるこの時期。毎年話題となるのが、個人タイトル獲得のための相手ライバル選手の敬遠です。 ・・・続きを表示

●あり  ●なし

1-10件を表示 / 全61

すべて| あり| なし|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 誰がどう見ても無し。

    理由は単純。ファンが誰も喜ばないから。
    私はオリックスファンだが、今回の件は複雑な心境だ。オリファンが崇拝する糸井嘉男が負けるわけがない、だから銀次と勝負して勝って欲しかった。

    あと個人的に、タイトルはより優れた選手に取ってもらいたい。
    今議題の試合でもし銀次が5の5だったとして、それは銀次が首位打者に相応しい選手だったという納得の結果なのだから。

    酢酸ナトリウムさん2014/10/08 14:38に投稿

    18
    そう思う!
  • 消化試合の数本のヒットをそこまで大事にするのであれば、それまでの長いシーズン中にコツコツとヒットを積み重ねておけばよかっただけの話。

    61さん2014/10/08 12:21に投稿

    16
    そう思う!
  • 個人タイトル獲得による、タイトルの価値とか給料への反映とか、選手に箔が付くとかを否定するつもりはありません…

    しかし野球はチーム競技でもあり、「プロスポーツ」で観客やファンに喜んでもらうものでもあります。タイトルも大切ですが、それと同等以上にチームの勝敗は大切なはず。
    その敬遠がもしチームの勝利を危うくするものなら?その敬遠から生まれるかもしれない1点が、CSや優勝を左右するかもしれないなら?

    もっと極端なことを言うなら、その試合を見に来たあるファンが、1年に1回しか来られない、一生に一度しか来られないかもしれない人だったら?個人タイトルと引き換えに応援しているチームが勝利を失うかもしれないとして、それを目の前で見せられてどこまで素直に喜べるのでしょうか。
    その敬遠が試合をつまらないものにするとしたら、これほどファンを馬鹿にした行為もない、とまで思ってしまうのは、私だけでしょうか。

    するのは苦手見るのは得意さん2014/10/08 00:49に投稿

    13
    そう思う!
  •  個人タイトルは「個人」の問題なので自力本願であるべき。
     打席数稼ぎの犠打はまだ許容できるが、ピッチャーが迷惑を被る敬遠はむしろリーグで罰金や出場停止などの罰則を科すべき。
     球場に来るお客さんは何のために金を払って時間を割いて球場に来るのかを考えるべき。

    中ノ村鉄也朗さん2014/10/08 01:16に投稿

    13
    そう思う!
  • プロ野球は、エンターテイメントであります。そしてお客さんが来てくれることで成立しています。いくらタイトル獲得のため、チーム戦術とはいえ、お客さんはプロの真剣勝負を観にきているわけで、敬遠とか観たくないと思います。ファンあってのプロスポーツ、この原点を忘れなければ、答えはシンプルかと思います、

    だびんちさん2014/10/08 01:24に投稿

    13
    そう思う!
  • タイトルってのはシーズンを最後まで戦い抜いた上で決まるモノのはず。規定打席さえクリアしていれば良いなんて考える時点で、タイトルホルダーには相応しくない。

    YANNさん2014/10/07 20:28に投稿

    12
    そう思う!
  • ルールで問題無いのだから、敬遠は『あり』だと思います。

    でも、ケチのついたタイトルが嬉しいのか、異論反論のついたタイトルを素直に評価できるのか、そういう問題になると思います。

    でもでも、タイトルというのはやっぱり魅力ですよ。何年たっても『2014年首位打者』って肩書きが付くんですもの。

    1996年、中日の山崎武司がホームラン王を獲得しました。でも最終戦は、1本差で追うゴジラ松井を4敬遠してのもの。そんなこと、今では全く言われず『1996年ホームラン王』とだけ紹介されます。

    いつかのシーズンでは、盗塁されないために、わざと牽制悪送球するなんてこともありました。でもランナーは走りませんでした。全ては『盗塁王』のタイトルのためにお互いやったこと。醜いとは思いますが、今では忘れられ『盗塁王』とだけ歴史に残ります。

    ルール違反じゃないなら、何でもありですよ。それだけタイトルは魅力です。

    Dブライアンさん2014/10/07 22:16に投稿

    10
    そう思う!
  • なし。理由は二つ。
    一つは、敬遠は本質的に、選手として正当なプレーではないということ。どんなにそれを重ねても磨いても評価されないからだ。しかし、チームとして勝利を優先する場合のみ、つまり戦略的には許容されている。よって、チームの勝利に向かわない「タイトル獲得のための敬遠」は「なし」と考える。
    もう一つは、線引きが難しいこと。今回のケースをOKとしてしまうと、複数のタイトル、三つ以上の球団が絡む場合になったときにややこしい事態が発生する可能性がある。
    たとえば今回のような場面での敬遠により、別の選手と争っていた最多出塁率のタイトルの行方が左右されることになったらどうするのか。違うタイトルを狙うチーム同士が対戦する際、暗黙のうちに談合プレーをすることにならないか。
    今回のケースと、より問題の多いケースとの間に明確なラインが引けない以上、「なし」と考えざるを得ない。

    samさん2014/10/09 14:25に投稿

    10
    そう思う!
  • 真剣にタイトルホルダーを自チームから出す事を考えているから、出場回避したり敬遠したりするんだと当事者は言うでしょうが、野球はタイトル争いも含めて『真剣勝負』で売っているコンテンツでしょ? って思います。 人によって感じ方違うでしょうが、私は不快に感じます。 たとえ応援している選手でも、それをやって欲しくないですね。

    heroheroさん2014/10/09 17:10に投稿

    10
    そう思う!
  • 基本的には、本人の矜持の問題。
    『ズルして獲ったタイトルで喜べるのか?』
    ってこと。

    そもそも、お客さんに見せてナンボのプロ野球。
    お客さんにそっぽ向かれるようなプレーは、自分の首を絞めるだけ。
    1人のチームメイトにタイトルを獲らせるための行為が、プロ野球全体の収入を減らしかねない。

    昔から言われている『ファンあってのプロ野球』という言葉を、もう一度、思い出して欲しい。

    ジョーンジェットさん2014/10/10 10:45に投稿

    10
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ