サムライブルーの原材料BACK NUMBER

日本代表「散歩隊」が存続の危機!?
“川島隊長”が新メンバーを募集中。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byJMPA

posted2014/10/08 10:30

日本代表「散歩隊」が存続の危機!?“川島隊長”が新メンバーを募集中。<Number Web> photograph by JMPA

リラックスとコミュニケーションを目的にした「散歩隊」。メンバーの入れ替わりが多い今の日本代表にあって、重要な役割を果たす……かも?

 サッカー日本代表の「散歩隊」をご存じだろうか。

 ザックジャパンでは川島永嗣、吉田麻也、内田篤人、前田遼一たちが常連メンバーだったと聞く。

 代表合宿中、緊張に包まれる選手たちにとって朝食を食べた後あたりが一番まったりした時間帯になるらしい。

 午前9時、10時あたり。自然とリラックスルームに集まってきて、どこからともなく「じゃあ、行こうか」と声が上がってスタート。特にこれといった目的もなく、おそろいの代表ジャージ姿で、ただただゆっくり歩くのみ。国内外問わず、30分から1時間かけて、ブラ散歩するわけだ。

川島 「きょうは実にいい天気だな」

前田 「ちょっと長めに散歩してみようか。なあ麻也?」

吉田 「いいですね、賛成。ねえ、ウッチー? あれっ、どこにいった。おーい!」

 散歩風景に出くわしたことがないため、これはあくまで筆者の描く勝手なイメージでしかない(川島選手、前田選手、吉田選手、特に内田選手ごめんなさい)。

 きっと、ゆるーい雰囲気なんでしょう。でも、ゆるーいからこそ散歩なのであり、それが散歩の醍醐味でもあり、こういった束の間の休息こそが大切になってくる。

川島隊長がピッチの外で迎えた正念場。

 そんな「散歩隊」が今、窮地に立たされているという。

 アギーレジャパンの初戦。代表引退の可能性が取りざたされている内田篤人が招集されず、常連が一人少なくなってしまったのだ。柴崎岳、林彰洋の「体験参加」によって何とか事なきを得たものの、4人の散歩ショットをブログで公開した川島自身に散歩隊のことを振ってみると「存続危機だったんで」と苦笑いを浮かべていた。

 そして今回のジャマイカ、ブラジル2連戦は“副隊長”吉田がケガで辞退し、シャルケで好調の内田も呼ばれないまま。川島隊長は、ピッチの外で正念場を迎えてしまっているのである。

【次ページ】 「散歩隊」の名づけ親、中澤佑二に聞いてみた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
川島永嗣
吉田麻也
内田篤人
中澤佑二

ページトップ