SCORE CARDBACK NUMBER

再起戦で株を上げた井岡。三つ巴戦は実現するか。
~打倒ロマゴン、井上との夢対決~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2014/10/05 10:30

再起戦で株を上げた井岡。三つ巴戦は実現するか。~打倒ロマゴン、井上との夢対決~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

 井岡一翔が9月16日のノンタイトル戦でグッと評価を上げた。5月にタイのアムナットに初黒星を喫し、世界王座3階級制覇のトライに失敗していたが、この日後楽園ホールでリング復帰を果たし、コロンビアから招いたパブロ・カリージョに大差判定勝ちを収めた。

 イージーな相手に楽勝したのではない。WBAランキング14位のカリージョは、タフで、好戦的で、野心に溢れた難敵だった。井岡得意のボディーブローにも耐えたコロンビア人は、時に連打で井岡を防戦一方に立たせる場面もあり、最後まで井岡ファンをハラハラさせた。

 井岡が株を上げたのは、そんな骨のある相手を選び、これをしっかりと負かしたことに尽きる。誰とは言わないが、実力差のありすぎる相手に圧勝しても、ファンに歓迎されるどころか、逆に人気を落としてしまうこともある。井岡の強さを引き出してくれたカリージョはまさに理想的な相手だったといえよう。

「ロマゴン」ゆえに、最もホットになったフライ級。

 井岡が頂点を目指すフライ級は、この試合の11日前にローマン・ゴンサレスと八重樫東の激闘があったばかり。敢えて無敵と評判の“ロマゴン”を挑戦者に指名し、激闘の果てに散った八重樫東の潔い戦いっぷりが見る者の胸を強く打った。同時に手負いの八重樫の逆襲に遭いながら、顔色ひとつ変えずにこれを鎮圧したロマゴンの頭抜けた強さも印象的だった。今なら、複数の世界タイトルを獲るよりも「打倒ロマゴン」を最初に果たす方が、リスクの高さゆえに手にする報酬も大きいはず。堂々と戦って敗れても、致命的損失とはなるまい。

 この試合直後、八重樫のジムの後輩・井上尚弥が、「ロマゴンとやりたい」と語り、先輩のリベンジを誓った。「今すぐは無理でも1年後くらいには必ずやります」と大橋秀行会長が念押ししたのは、さすがファンの思いに応えて心憎い。一度はロマゴン戦を見送った井岡も、今は「打倒ロマゴン」をアピールしている。これは3階級制覇を果たしてからのことになろうが、ぜひとも実現してほしい。

 今やフライ級は最もホットな階級となった。ロマゴンと井上と井岡――この3人をどう組み合わせても、想像するだけでワクワクするビッグマッチとなる。これらを実現させることこそが、ボクシング人気復活に直結するのではないか。

関連コラム

関連キーワード
井岡一翔
パブロ・カリージョ
井上尚弥
ローマン・ゴンサレス
八重樫東

ページトップ