巨人V3達成! MVP、あなたなら誰を選ぶ?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 球団創設80周年の節目でもあった2014年、巨人が9月26日にセ・リーグ3連覇を達成しました。  開幕からしばらくは故障者が相次ぎ、・・・続きを表示

●菅野智之
●杉内俊哉
●西村健太朗
●マシソン
●山口鉄也
●阿部慎之助
●坂本勇人
●鈴木尚広
●長野久義
●その他

1-10件を表示 / 全24

すべて| 菅野智之| 杉内俊哉| 西村健太朗| マシソン| 山口鉄也| 阿部慎之助| 坂本勇人| 鈴木尚広| 長野久義| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 鈴木尚広の信じられない数字。

    ①打席数23 < 得点数27
    ②盗塁企図11回 うち成功10回 盗塁成功率 .909
    ③代走40回  うち得点22  代走得点率 .550
    ④鈴木が代走で出て得点する確率は、セリーグの2位以下の勝率よりも高い。

    Most Valuable Playerの直訳が「最も価値ある選手」であるならば、代走出場時に得点する確率がセリーグ5球団の勝率よりも高い選手こそ、リーグで最も価値ある選手ではないだろうか。

    勝負どころで代走起用され、その存在だけで相手投手の心理状態をかき乱し、仲間の打撃を有利にする。そして、期待通りにホームに帰ってくる。

    巨人の現時点(10月2日昼)での勝率が.568。鈴木の代走得点率とあまり変わりがないことを考えれば、「鈴木が帰ってくればチームが勝つ」と言っても決して過言ではない。

    鈴木尚広こそ、2014年のMVPにふさわしい。

    るーくさん2014/10/02 13:28に投稿

    4
    そう思う!
  • 究極の消去法。

    unak15さん2014/10/10 21:28に投稿

    2
    そう思う!
  • 菅野の代役を出来る投手はいるとしても、鈴木の代役を出来る野手は、どの球団にもいない。

    たるさん2014/10/01 12:22に投稿

    2
    そう思う!
  • 吉見投手を抑えて浅尾投手がMVPを獲った時、多くの中継ぎ投手に夢と希望を与えたと思ってます。
    今年は鈴木尚広選手にMVPを与えることによって、代走・守備固め要員の選手に夢と希望を与えても良いのではないかと思います。また、そうすることで日本野球の底上げにも繋がると思います!

    のりふうみさん2014/10/02 12:20に投稿

    2
    そう思う!
  • 個人的には鈴木選手ですが、実際にはやはり総合的に見て順当に菅野選手が選出されるでしょうね。
    通常であれば、こういうパターンの年は、優勝チーム以外から選出されるんでしょうが、
    今年は他球団にも適任者いないので、「該当なし」でも良いと思いますが。

    ぐっちさん2014/10/02 13:07に投稿

    2
    そう思う!
  • まぁシーズン後に選ばれるのは菅野でしょうね。
    ただ、私自身は鈴木が一番だと思います。
    ここに投稿する野球好きの方々にはたまらない選手ではないですか?
    ただ、素人も含めたら数字的なもので選ばれるのは菅野でしょうね。実力も疑いようがないですし・・・。
    ただ、巨人以外は行かねぇって他球団のドラフト指名を蹴る奴は大っっっっ嫌い!!!!

    話反れるけど、巨人だけには行きたくないってドラフト蹴る奴出てこねぇかな・・・。

    コタローさん2014/10/03 22:56に投稿

    1
    そう思う!
  • 今年の成績だと一択。
    チームの勝ち頭でもあるし。
    ただセリーグのMVPは他のチームから出そう。

    フィリップさん2014/10/08 11:25に投稿

    1
    そう思う!
  • なんでセリーグMVPじゃなくて巨人限定?
    どっちにしろ菅野だろ?

    hdsokbさん2014/10/13 12:38に投稿

    1
    そう思う!
  • 後半戦やシーズンの終盤は、徐々にチームの歯車が噛み合う良い試合が増えたけど、シーズン序盤、特に投手陣が厳しい状況の中では菅野投手の活躍がなければ優勝争いのスタートラインにも立っていなかったのではと思う。勝ち星が付いていない試合でもQSやHQSを達成した試合は多かった。

    ギノさん2014/09/30 18:35に投稿

    1
    そう思う!
  • 数字だけが全てではない。いかにチームに貢献したかが重要。

    ながとさん2014/09/30 23:41に投稿

    1
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ