Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<独占公開、W杯の真実> 矢野大輔・ザックジャパン通訳日記 ~コートジボワール戦に向けた準備とミーティング~ 

text by

矢野大輔

矢野大輔Daisuke Yano

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2014/10/02 11:30

<独占公開、W杯の真実> 矢野大輔・ザックジャパン通訳日記 ~コートジボワール戦に向けた準備とミーティング~<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya
19冊にのぼる大学ノートに綴られた日本代表4年間の記録。
そこには今まで明かされることのなかったザッケローニ監督の
真意や選手との対話が克明に記されていた。貴重な資料の中から
ブラジルW杯に挑んだザックジャパン激闘の日々を公開する。

                     ◇             ◇             ◇

本日発売のNumber862号「内田篤人と本田圭佑に問う。」では、
矢野大輔通訳による「ザックジャパン通訳日記」第3回が掲載されています。
今回は、ブラジルのキャンプ地イトゥに入ってからW杯初戦を迎えるまでの
準備、そして運命のコートジボワール戦の舞台裏が明らかになります。

NumberWebでは861号で掲載した本番前最後のテストマッチの
ザンビア戦から862号のブラジルでの準備期間の一部を特別に公開します!

<2014年6月6日(金)>

 16時55分からの全体MTG。監督が言う。

「今日のザンビア戦はW杯前最後の試合。これまでやってきたコンセプトをすべて出そう。ザンビアは前線のスピードを生かして攻めてくる。しかし前の4枚は守りにあまり参加してこない。チームとしての連動はない。そういうところはコートジボワールにも似ている。我々はザンビアに対してチーム力で上回る。できる限り早く前に仕掛けよう。チームとしてインテンシティ、クオリティを発揮して、ビルドアップをセーフティにすること。チーム全体、攻守に連動すること。最後のテストマッチだから、テストの場として自分たちのサッカーをやり切ること」

 ゲーム前のアップ中、西川(周作)を起用した理由を聞いた。

「大前提として西川が信頼できるGKだということ。本来だとコスタリカ戦で試すべきだが、相手の力も考えて川島(永嗣)を選んだ。W杯は何が起きるか分からない。西川も馴らしておかないと。全員で戦う準備が必要だ」

ザンビア戦ハーフタイム、珍しく監督が怒った。

 前半を1-2のビハインドで折り返してハーフタイム。監督は珍しく怒った。

「2mの距離で足元にしかパスを出していない。インテンシティ、それを4年間言い続けてきた。このチームはできるだけ多く相手ゴールに仕掛けるために作られたチームで、そのためにこのメンバーを呼んでいる。だから自分たちのサッカーを出そう。高い位置から連動してプレッシングを仕掛けること。相手DFは足元の技術が低いからボールを奪える。前半のパフォーマンスは忘れる。後半、またゼロからやるつもりで入ろう。前半30分の戦いをしていたら、日本ではない。これだと本大会で前に進めない」

 確かにゲーム前から監督は「今日は集中が足りない」としきりに言っていた。

 結局4-3で勝利。アツト(内田篤人)と話す。

「コートジボワール戦、試合に出られるかな。4年前の経験があるだけにね」

 明日ブラジルに向かう。いよいよW杯だ。

【次ページ】 長谷部「監督、昨日のザンビア戦、怒ってるでしょ?」

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
アルベルト・ザッケローニ
矢野大輔
本田圭佑
長谷部誠
西川周作
川島永嗣
内田篤人
岡崎慎司
大久保嘉人
柿谷曜一朗
山口蛍

ページトップ