サムライブルーの原材料BACK NUMBER

大学、鳥栖、代表と幸運を手にして。
坂井達弥は「運を実力に変える」。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/09/22 10:30

大学、鳥栖、代表と幸運を手にして。坂井達弥は「運を実力に変える」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

183cm、71kgと日本人選手としては恵まれた体格を持つ坂井達弥。左利きのセンターバックは攻撃展開の方向を広げる意味でも非常に貴重な存在だ。

 世の中には「強運の持ち主」がいる。

 一般的ではなく極めて稀だから、そんな存在がいれば自然と目を引いてしまう。

 日本サッカー界にも該当者がいる。

 アギーレジャパンにサプライズ選出され、一躍、時の人になったサガン鳥栖のセンターバック、坂井達弥だ。

 23歳、プロ2年目。対人に滅法強く、利き足の左足から繰り出すロングフィードがウリだ。だが、ケガなどもあってアギーレジャパン初めてのメンバー発表前までは、今季リーグ戦わずか4試合の出場にとどまっていた。首位争いに食い込むチームではあるが、完全なレギュラーとは言いがたく、世代別の代表経験もない。極めて無名に近い。

 ただ何故、強運なのかと言えば、単に代表に選ばれたというだけでなく、その背景にある。

 何しろ約4カ月ぶりのリーグ戦出場となった8月23日の大宮アルディージャ戦に、たまたま代表スタッフのGKコーチが訪れていた(林彰洋が目当てだったという噂だ)というその偶然性。そしてその大宮戦も、当初は先発予定ではなかったそうだ。チームメイトのアクシデントによって、急きょ先発の機会が巡ってきたのだ。

ウルグアイ戦から1週間、坂井を直撃した。

 代表に選ばれただけでも十分、サプライズ。だが、そのうえアギーレジャパン初陣のウルグアイ戦に先発して90分フル出場を果たしている。ここまで来れば「強運」もかなりの高レベルだ。

 ウルグアイ戦で活躍していれば、これ以上ないシンデレラストーリーになるはずに違いなかった。しかし結果的には、ホロ苦い代表デビュー戦になってしまった。酒井宏樹から受けたパスをトラップミスして、そのまま相手に奪われてゴールを決められてしまったからだ。続くベネズエラ戦では出番が与えられなかった。

 あれから1週間が過ぎ、坂井は鳥栖でトレーニングに励んでいた。午前中に2時間みっちり全体練習した後、午後もクラブハウスに顔を出して体を動かしていた。鳥栖の選手たちは、本当に良く練習をする。坂井もその一人である。

 あらためて代表に選ばれたことを聞いてみた。

【次ページ】 「自分でも『運、いいのかな』って」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
坂井達弥
サガン鳥栖

ページトップ