サッカーの尻尾BACK NUMBER

柿谷のCLデビューは、1-5の大敗。
レアルの“別次元”から学べることは? 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/17 11:25

柿谷のCLデビューは、1-5の大敗。レアルの“別次元”から学べることは?<Number Web> photograph by AFLO

CL初体験となった柿谷曜一朗は、ギャレス・ベイルとのマッチアップが多かった。世界最高峰のスピード、ドリブル、コンビネーションは、彼にどんな印象を与えたのだろうか。

 つい先日は仏頂面を浮かべていたアンチェロッティ監督が、満足そうな顔を浮かべていた。

「今日はすべてがうまく行った。とにかく、いい形でチャンピオンズリーグに入ることが大事だった」

 レアル・マドリーにとっては今季初めての、文句のつけようのない試合だった。幾度もチャンスを作り、得点者には主役たちが顔を並べた。5-1というスコアは得失点差という意味においても大きい。

「再スタート、というわけだ」とアンチェロッティは言う。

 数日前、ベルナベウでアトレティコ・マドリーに敗れた。リーガ開幕3試合で2敗。チームには批判もあった。5月にデシマを獲得し、欧州の頂点に立ったばかりのチームにもファンは容赦ない。

 クラブの象徴でもあるカシージャスは、ボールを触る度に厳しいブーイングを受けた。新加入のハメスは期待に応えていないとされ、ベンゼマは点が取れないFWと言われた。そしてディマリアとシャビ・アロンソを放出したクラブは再び批判にさらされた。

ハメス「マドリーにきてから僕のベストゲーム」

 しかし数日後、バーゼルを前に見せたのは、まさに王者に値するパフォーマンスだった。

 目立ったのは前線のアタッカーたちだ。ネットを揺らした5つのゴールは、随所に個々の高い技巧が詰まっていた。

 ハメスのヒールパスから生まれた先制点。ベイルの得点を生んだモドリッチのアウトサイドでのスルーパス。そして締めくくりの5点目で見せた、ロナウドとベンゼマのワンツーの連続――。

 いずれも、目の肥えたベルナベウのファンを納得させるものだった。

 試合後、ハメスは「マドリーにきてから僕のベストゲームだ」と語っている。この日は新加入の彼をはじめ、前線のピースがうまくはまった。ロナウドを右、ベイルを左に配する形も機能。最大の武器である攻撃時のスピードが活きた。

【次ページ】 ロナウド、ベンゼマ、ベイルが活きればマドリーは強い。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バーゼル
レアル・マドリー
柿谷曜一朗
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ