錦織圭、全米オープン準優勝! 最も印象的だった試合は?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 世界のテニス界に日本人が新たな歴史を刻みました。  錦織圭選手が全米オープンで決勝に進出、その決勝戦こそマリン・チリッチ選手に敗・・・続きを表示

決勝 vs.マリン・チリッチ
    0-3  (3-6、3-6、3-6)

準決勝 vs.ノバク・ジョコビッチ
    3-1  (6-4、1-6、7-6、6-3)

準々決勝 vs.スタン・ワウリンカ
    3-2  (3-6、7-5、7-6、6-7、6-4)

4回戦 vs.ミロシュ・ラオニッチ
    3-2  (4-6、7-6、6-7、7-5、6-4)

3回戦 vs.レオナルド・メイヤー
    3-0  (6-4、6-2、6-3)

2回戦 vs.パブロ・アンドゥハル
    2-0  (6-4、6-1、3セット目をアンドゥハルが棄権)

1回戦 vs.ウェイン・オデスニック
    3-0  (6-2、6-4、6-2)

1-10件を表示 / 全11

すべて| チリッチ戦| ジョコビッチ戦| ワウリンカ戦| ラオニッチ戦| メイヤー戦| アンドゥハル戦| オデスニック戦|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 王者と完全に同じ土俵に立って尚、試合を凌駕した。
    とうとうBIG4の一角をグランドスラムで倒した点で歴史的な一戦だった。

    TORONCOさん2014/09/10 12:59に投稿

    6
    そう思う!
  • やはり、世界ランク1位のジョコビッチを倒した準決勝でしょうか。
    ラオニッチやワウリンカも強敵ですが、驚異的な技術の高さと安定感で世界ランク1位の座をキープしているジョコビッチを互角のコンディションで打ち倒したことで、彼がインタヴューで語った通り、誰にでも勝てるということを世界に示せたと思います。

    今大会で覚醒した感のあるチリッチが最後に立ち塞がったのは残念な限りですが、長く冬の時代を過ごした日本のテニスファンにとって夢のような二週間をプレゼントしてくれました。

    小さな体で快進撃を見せた錦織の才能に手放しの称賛を。
    そして、その錦織と2万人の大観衆に圧勝したチリッチにはそれに倍する絶賛を心から送りたいと思います。

    rogerさん2014/09/10 21:19に投稿

    1
    そう思う!
  • vest bout

    コゲブタさん2014/09/09 21:02に投稿

    0
    そう思う!
  • とにかく世界NO.1を倒したことがすごい!
    新しい時代の幕開けを感じました。

    りんりんさん2014/09/09 21:04に投稿

    0
    そう思う!
  • 伊達公子がウインブルドン準決勝で、グラフを追いつめた試合が蘇りました。あの瞬間は、当時圧倒的な絶対女王だったグラフを間違いなく凌駕していたと今でも思います。日没順延で翌日に持ち越されてしまい、そして結果負けてしまいましたが。でも、ようやく、ついに、あの時の続きをこれからも魅せてくれる選手が現れました。

    なつほさん2014/09/09 22:50に投稿

    0
    そう思う!
  • 深夜2時までのフルセット、しかもタイブレーク2回というマラソンマッチ。
    その上ウインブルドンで、1セットリードしながら一気にひっくり返された覚えが強かった相手だけに、ある意味「壁を乗り越えた」試合だったのかなと思います。
    もちろんワウリンカ、ジョコビッチという壁も非常に高く険しい壁でしたが、錦織選手が四大オープンでベスト8に達すること自体が一昨年の全豪以来ですし、そういう点で勢いを増すという転換点になったのは間違いない試合だったのではないでしょうか。

    するのは苦手見るのは得意さん2014/09/09 23:17に投稿

    0
    そう思う!
  • 彼がトップであることは貴誌読書なら知っていることですので、今大会の活躍に大きな驚きはなかったと思います。
    真夜中の快進撃が国中の話題となり、すわ〜優勝かと!なったところで、まさかのストレート負け。なんとも言えない、肩透かし感と、でも、準優勝なんだから凄いよね。に見える、感動をありがとう感の錯綜に、テニスのマイナー感を思い知った。次は、メジャータイトルを期待してます。今大会はお疲れ様でした。

    たけまろさん2014/09/10 08:20に投稿

    0
    そう思う!
  • 細かい論評はほかの方にお任せするとして、様々な要素が錦織選手に味方したように思う。テニスはどちらかといえば門外漢ではあるけれど、初戦から純粋に楽しく観れた。ジョコビッチ戦ですべてを出し尽くしてファイナルでは残念な結果ではあったが、これからにも期待して見てみたい。まだ未来がある。
    ただ…ファイナルが決まった瞬間の諸々の「手のひら返し」は相変わらずウンザリする。グッズのセールスや衛星放送の視聴契約ならまだいいが、メディア(特にテレビ屋)は何故に同じような報じ方しかしないのか? イケるものには一斉に飛びつく、という頭の悪さ(視聴者の真のニーズがわかっていない、と言わざるを得ない)に加えて選挙速報を連想させるテレビ画面には辟易した。
    …ま、こんなことをボヤいてみても今後もこんな身勝手な取材に基づいた映像を垂れ流していくのだろうけれど。

    赤鯱と梟さん2014/09/10 09:38に投稿

    0
    そう思う!
  • この試合が非常に貴重であり、重要だったと感じる。
    ベスト4を決めた試合であり、かつての日本人の名プレーヤーたちの背に届いた瞬間、錦織の喜びは筆舌に尽くしがたいものだったはずだ。
    私は、錦織圭選手に自分自身のスタイルがこの全米という大きな闘いでものになった事に、同時に大きなサポートをしてくれた方々にも、お礼を言いたい、

    心からおめでとうの拍手を送る。

    MinnadeVさん2014/09/10 16:01に投稿

    0
    そう思う!
  • 多くの人がこの大会全体のベストマッチに上げるほど、お互いクオリティの高い、ドキドキする試合でした。
    片手バックハンドのバブリンカに今まで勝てていなかったので、苦手イメージを払しょくしてくれる1勝だったのもうれしいです。

    よろよろさん2014/09/16 16:36に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ