Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<名参謀一代記> 元横浜高校野球部部長・小倉清一郎が駆けた41年。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/09/01 11:00

甲子園通算62勝。黒衣に徹して打ち立てた金字塔は、
高校野球の歴史の中でも特異な存在感を放っている。
鋭敏な観察眼と類稀な分析力で知られた名参謀が
盟友と30年近くにわたって歩んだ二人三脚の内実と、
横浜高に黄金期をもたらすまでの流転の半生を辿る。

 半袖のポロシャツから、漆のように何層にも焼かれ、黒光りした二の腕が覗く。フランスのシャンパンボトルのように太い。

「昔、巻き上げばっかりやってたから」

 小倉清一郎が、どら声を張った。「巻き上げ」とは、先に重りを吊したロープを手首の力で棒に巻きつけるトレーニングのことだ。

 小倉は8月31日をもって、横浜高校野球部のコーチを辞めることになった。

「自分の中では、もう限界。70歳だし、ちょうどいいと思ってた」

 8月某日。練習試合を終えて自宅に戻った小倉は「年中、手足が冷えて仕方がない」と夏でも出しっ放しになっているコタツに両足を突っ込み、流転の指導者生活を振り返り始めた。

 最初、小倉はなかなか目を合わせようとしなかった。しかし、興が乗ってくると、少しずつ視線が行き交い始めた。

「準決勝、決勝まで勝ち進むと監督に嫉妬が湧きますよ」

小倉清一郎 
1944年6月16日、神奈川県生まれ。横浜高、東農大を経て河合楽器などでプレー。引退後、東海大一のコーチとして、'76年春夏の甲子園出場。'77年横浜高監督に就任するも、翌年横浜商に。'90年横浜に復帰し、'94年から'10年3月まで部長。甲子園通算62勝、優勝は春2回、夏1回。

「甲子園の準決勝、決勝ぐらいまで勝ち進むと、さすがに監督に対して嫉妬が湧きますよ。なんでだよ、って」

 高校球界広しと言えど、監督以外で小倉ほど名を知られた指導者はいないだろう。通常、甲子園であっても、試合後に部長やコーチの周りに集まる記者は1人か2人だ。ところが小倉の周りには軽く10人以上集まった。

 身長170cm、体重110kg超で、坊主頭。その愛嬌たっぷりのシルエットと、通り一遍では終わらないコメントが人気の秘密だった。

 2001年夏、横浜は準々決勝で150km右腕の寺原隼人(ソフトバンク)を擁する日南学園とぶつかった。その試合前、見所を聞かれた小倉(当時は部長)はこう答えた。

「寺原は送りバントの場面、緩いボールでわざとバントをさせて二塁で殺そうとしてくる。だから、うちはバスターを仕掛けます」

 そして、本当にバスターで寺原を攻略してみせた。

 今や「横浜の小倉」と言えば高校球界では知らぬ人はいないが、その名が知れ渡ったのは意外に遅く、54歳のときだった。

【次ページ】 松坂擁する横浜の春夏連覇を支えた「小倉メモ」。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ