私とDo 特別編BACK NUMBER

<達人が教える山旅> 鏑木毅と行く野反湖 「“再発見”した古道を歩き、走ってみよう」 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byShiro Miyake

posted2014/08/12 10:00

<達人が教える山旅> 鏑木毅と行く野反湖 「“再発見”した古道を歩き、走ってみよう」<Number Web> photograph by Shiro Miyake
日本が誇るプロトレイルランナー・鏑木毅さんは、自ら走るだけでなく、
大会もプロデュースしている。2つの温泉地と人工の湖を走るコースを設計し、
廃道を丹念に蘇らせると、そこには素晴らしい景色が広がっていた――。

好評発売中の「Number Do 達人が教える 山旅に行こう。」より、
鏑木さんが中之条町で開いた大会の特集を一部公開します。

 梅雨の合間の青空が、山の稜線をくっきりと浮かび上がらせている。東に八間山、西に弁天山、いずれも高山植物が斜面を彩る花の山だ。眼下に目をやれば、そこに広がるのは空よりも青い湖。その青さに見惚れるように、鏑木毅さんがしみじみとつぶやいた。

「まるで童話の世界ですよね。こんなにキレイな場所なんだから、またランナーに走りに来てもらいたい。歩くのが好きな方にもぜひ知ってもらいたいな」

 ここ野反湖は、群馬県中之条町にある人工の湖。中之条町と聞いて、いったいどれほどのひとが正確な場所を指し示せるだろう。

 6月15日、この湖畔を含んだ50マイル(81.4km)のコースで、トレラン大会「スパトレイル〔四万to草津〕」が鏑木さんらのプロデュースにより行われた。

 初めての開催、アクセス不便なロケーション、加えて累積標高が4905mに達する過酷なコース条件だ。はたしてランナーが集まるだろうかと危惧されたが、ふたを開ければ、669名もの参加者が集う盛況ぶりだった。

 プロのトレイルランナーであり、数多くの国際レースでも活躍する鏑木さんは、なぜこの場所で大会を開こうと思ったのか。

名の知れた山が少ない中、どこを走れば面白くなるか?

「一昨年の暮れですね。知人を介して、中之条町の折田(謙一郎)町長から連絡があったんですよ。ぜひ会いたいから、一度時間を作ってほしいと。それが町にトレランの大会を作りたいというお誘いでした」

 町長直々の依頼だったが、当初は断る方向でいたという。すでに地元群馬で2つの大会をプロデュースしていて、これ以上数を増やすと手に負えないと考えたからだ。

「でも、町長さんの情熱がすごくて。本当にやりたいんだという気持ちが肌感覚で伝わってきたんです。結局、最初に集まった晩からどこを通れば面白い大会になるか、1枚のマップに額を寄せて話し合いました。それが今でもすっごく楽しい思い出で……」

 ただし、夢を実現させるにはまだまだ多くの課題があった。じつは、中之条町には名の知られた山がほとんど存在しない。町自体の知名度もしれている。どんなコンセプトを打ち出せば全国にPRできるだろう――悩んだ末に、鏑木さんは妙案を思いつく。

【次ページ】 草津温泉と四方温泉を結ぶロングコースに!

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
鏑木毅
私の「山」論

ページトップ