SCORE CARDBACK NUMBER

“人材の宝庫”九州に思う、未完成の才能の育て方。
~有望球児は弱点を克服できるか~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/07/31 10:00

“人材の宝庫”九州に思う、未完成の才能の育て方。~有望球児は弱点を克服できるか~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

 プロのスカウト数人に聞いたところ、今年の九州勢はチームの強さより、個人の能力の高さが目を引くと答えてくれた。

 確かに前評判の高い逸材がごろごろいる。投手では春の九州大会でストレートが150kmを計測した佐野皓大(大分)、昨秋・今春の福岡県大会準優勝投手である小野郁(西日本短大付)、149kmの快速球で熊本ナンバーワンの評価を得る善武士(多良木)が代表的選手だ。野手では九州国際大付のクリーンアップ、清水優心(捕手)と古澤勝吾(遊撃手)がスカウトの注目を一身に集める。

 以上に挙げた5人のうち、佐野を除く4人を7月18、19日の熊本大会、福岡大会で見ることができた。善は持ち味のストレートが自己最速に4km及ばないまでも145kmを計測し、小野は東海大五に対して173球の完投劇を演じ、スカウトのスピードガンで最速149kmの数字も叩き出した。前評判に違わない大物ぶりと言っていいだろう。

 九州国際大付の野手2人は、1安打1打点の清水に対して、4打数4安打5打点の猛打で強豪・福岡工大城東に引導を渡した古澤のほうが強く印象に残った。最後の打席ではセンターへコンパクトに打ち返してタイムリーとし、自身も見事サイクル安打を記録した。

内川聖一のハンディを乗り越えた姿勢を見習うべき。

 厳しく評価すれば、速球と多彩なスライダーのバリエーションで魅了した小野以外、問題がなかったわけではない。

 善は力みが原因のストレートの抜け癖、清水は固いスローイングと打撃面での一本調子なタイミングの取り方、古澤は遊撃手としての緊張感のないフィールディング……等々。

 しかし、高校生の時点で100%である必要はまったくなく、病み上がりのハンディを背負って入団しながらプロで一流になった内川聖一(ソフトバンク)のような歩みこそ、現役の高校生や指導者たちは見習うべきだろう。

 なお先に挙げた4人以外でも、二塁送球で1.7秒台という超ド級の強肩を披露した山川晃司捕手や、急遽ベンチ入りを果たし、攻守に溌剌とした動きを見せた2年生ショート・江良佑介(ともに福岡工大城東)など、この遠征取材では人材の宝庫と言われる九州の層の厚さを存分に見せつけられた。

関連コラム

関連キーワード
小野郁
佐野皓大
善武士
清水優心
古澤勝吾
山川晃司

ページトップ