Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<Number Do×FRaU>
「KICK for RUN ランナーのためのフットボール大会」レポート
~ランナーたちが知った”蹴る”楽しみ~ 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byMami Yamada

posted2014/08/02 11:00

 7月13日、「KICK for RUN ランナーのためのフリーフットボール大会」が行なわれました。この大会は、W杯をきっかけにしてフットボールに興味を持ったランナーにむけて、アディダスの協力のもと、「Number Do」と「走る女は美しい!」の特集などで女性のランブームを牽引している女性誌「FRaU」が共同開催したものです。会場となったのは、5月にオープンしたばかりの「アディダスフットサルパーク たまプラーザ」。東急百貨店の屋上にあり、たまプラーザ駅から徒歩1分という最高の立地です。

 まだ梅雨明け前で心配だった天気は、曇り、微風という、普段なら微妙でも、フットサルには絶好のコンディションでした。雨に濡れっぱなしというのはテンション下がりますし、晴れすぎても熱中症が心配です。幸運にも、参加者には強力な雨男も晴れ女もいなかったようです。

チーム編成の後はルール説明。初めて会ったチームメイトとの初めてのフットサルを前に緊張気味?

 集まったのは約50人。女子のほうが少しだけ多く、中にはこの日のためにフットサルシューズを買ったという参加者も。2人~3人1組での応募だったので、2~3組を合わせて1チーム6~7人のチームを8つ作ります。この8チームをAコート、Bコート4チームずつに分け、総当たり戦を行いました。

 チームを編成したものの、さっきまで見ず知らずだった参加者同士、まだ距離を計りながら自己紹介という感じです。簡単なルール説明の後、クリニックが始まりました。

 クリニックの講師は小野大輔選手! 日本代表としてワールドカップに出場、イタリア、スペインでもプレーしたフットサル界の「レジェンド」です。なんと贅沢な。現在は湘南ベルマーレフットサルクラブに所属する小野選手によるクリニックでは、ボールの蹴り方など基礎の基礎から学びます。

小野選手によるクリニック。トッププロにフットサルをイチから教わる機会なんてなかなかありません。

 短いクリニックでしたが、時間が経つにつれ、まだ遠慮が見えるチームがみるみるひとつになっていきます。たとえば、こんな練習です。チームの中から鬼を2人えらび、その鬼にボールをとられないよう、手でパスを回していきます。フットサルなのに手で? でもこれが効果的でした。いきなりパスしても相手も反応できないので、きちんと名前を呼んでコミュニケーションをとらないといけません。遠慮して「山田さん(仮)!」などと言っていると時間がかかるので、自然に「ヤマ(仮)!」などと愛称で呼び合うようになります。すると2人でのパス交換、簡単なシュート練習などのメニューをこなすときも名前を呼び合うようになり、気がついたら参加者の距離がぐっと縮まり、ひとつの「チーム」ができあがりました。

クリニックの最後にはシュート練習も。ランナーたちはさすがの運動神経で、ボールを枠に飛ばします。

【次ページ】 男女混合の試合はまさに大混戦!

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ