大相撲、かち上げは禁止するべきか?

集計グラフを閉じる

 大相撲7月場所。中盤の最大の話題は、5日目、6日目に鶴竜、日馬富士相手に連続して金星を挙げた前頭3枚目の大砂嵐といっていいでしょう。 ・・・続きを表示

●禁止するべき  ●禁止しなくてよい

1-10件を表示 / 全21

すべて| 禁止するべき| 禁止しなくてよい|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 禁止する必要はないと思います。

    張り手だって同じように危険を伴いますが、結局禁止されないです。大砂嵐関も今は荒々しいぶちかまし、かち上げで頑張っていますが、これを自分の型としてそれを軸に成長するのも、対策を練られて通用しなくなり壁に当たってしまうのも、今後の彼次第でしょう。
    それに立ち合いから対応することも不可能ではないはずです。実際に今場所でやっている力士もいるわけですからねえ。

    個人的には、上位の力士ならそれを危険だと非難するのではなく、それを受け止めて勝つくらいの余裕が欲しいと思いますし、かち上げが禁止されるなら上位力士が下位力士と当たる際に時々見られる張り差しなどもどうなのかなという気がします。

    するのは苦手見るのは得意さん2014/07/23 23:20に投稿

    4
    そう思う!
  • 禁止しなくていい
    そんな事を相手が外人力士だから都合よく自分のまわりだけかち上げ防げるとよく考える。相手の立場が横綱だったら言えたはずない。
    私は日本人だからこそ全力でガチでぶつかってくる力士には外国人力士であろうとなかろうと感謝すべきであって逆に自分の勝ち星を奪われた力士が言う事ではない!そう考えている。
    低位力士を虐める暇あるならかち上げ対策を考えなさい。日本人だけ勝てる相撲のどこが相撲道なのか、稀勢の里の取り組みは脇や立ち合いが甘く強さだけの取り組みが多い、土俵際詰めの甘さが弱点だと見える。
    自らの弱さを返り見ず下位力士に苦言する気の弱ささえ見える大関には、基本に立ち返って頂きたい、協会も相撲取りが怪我に強い体をつくり、適度な休みなどもっと本気本意サポートもスタートさせる。主役はあくまで相撲取り。
    メディアも外国人力士の立場をもっと素直に受け止める。
    負けから学ぶ事。

    MinnadeVさん2014/07/24 01:19に投稿

    3
    そう思う!
  • スポーツ全般において、相手を怪我させるようなプレイヤーは二流以下です。
    「全力プレイの結果」なんていうのは、技術が未熟なことへの言い訳にすぎません。
    誤解しないでほしいのは、「かち上げ」そのものを禁止すべきと言ってるわけではありません。相手の怪我に繋がるような「未熟なかち上げ」は自粛すべきという考えです。
    大砂嵐は大いに魅力的な力士ですが、かち上げについては残念ながら「三沢のエルボー」状態です。
    親方が自粛を促したのも当然だと思います。

    sinn9nnnさん2014/07/28 12:27に投稿

    3
    そう思う!
  • (怪我をさせるような「危険な」かち上げは禁止にして欲しいと思うが)大砂嵐のように立ち会いで、ぶつかり合いもせず腕だけを振り回す、あのプロレスのエルボーバットのような形をかち上げと呼んでも良いのか?私は、「大砂嵐対遠藤戦」で言われている「かち上げ」をかち上げとして認めないという立場。ただの肘打ちで殴ったという事例だと思う。
     相手が低い立ち会いできたときは、「なた」でいく場合もあり、前腕で相手を攻める展開を禁止する必要はないと思う。

    46さん2014/07/23 18:58に投稿

    3
    そう思う!
  • かち上げ、問題無いです。顔面狙いのかち上げですけど、それでも問題無いです。

    それに、大砂嵐がこの相撲を続けて、番付を上げられるとも思えません。
    遠藤のように、かち上げを立ち合いで封じるような動きも出てきました。

    たまに炸裂するなら効果はあると思いますが、頻繁に使用するには不向きの技だと思います。禁止しなくても、使わなくなるでしょう。

    Dブライアンさん2014/07/23 22:11に投稿

    2
    そう思う!
  • 最近は、なんでもかんでも、安全性を理由にルールを変更しようとしたり、禁止にしようとする傾向にあると思いますが、アマチュアならばともかく、プロとしての自覚があるのならば、それをされないように技術を磨くべきで、禁止にするなんてもってのほかではないでしょうか。

    Seijiさん2014/07/23 23:17に投稿

    2
    そう思う!
  • 私は大砂嵐関の大ファンです。異国の地へ22歳の若者が来て、日本の国技である“相撲″を盛り上げてくれている。今場所はイスラム教のラマダンの時期にあるにも関わらず、2日連続2横綱を倒すという大快挙を成し遂げてくれた。私も思わずTVの前で絶叫し、拍手した。しかしかち上げには賛成できない。やはり一言で言うと、“危険″だからである!観ていても暴力のように見えてしまう。スポーツはやはりフェアプレーの基に成り立っていると考えるからだ!大砂嵐関の大ファンだからこそ、かち上げに反対する!今場所の対白鵬関との一番のような相撲で大相撲を盛り上げ、勝ってくれる大砂嵐関に期待する。

    きよちゃんぺさん2014/07/24 15:11に投稿

    2
    そう思う!
  • 危険な行為は見直し改善していった方が良いが、場所中に禁止する必要はないと思う。ルール上で認められている行為なのに「相撲道に反する」とは???
    どうも「道」の世界は分かり難い。道に迷ってヒール(遠藤の対抗馬)を作り出さないとよいが・・・

    mizuさん2014/07/24 00:37に投稿

    1
    そう思う!
  • 批判なんてしてないで、勝てよ。

    シンイチさん2014/07/24 05:52に投稿

    1
    そう思う!
  • 相撲道に反する。なんて言葉があるなら、それは道として禁じ手としてしまえばよくて、ルールブックはそのままで良いでしょう。
    相撲に限らず、我が国は「道」にするものが多いので、ルールとのダブル・スタンダードが多い。これは外国の人には非常に分かりにくいものだと思っています。これから、相撲がワールドワイドな展開を見据え、より多くの外国人競技者を迎え入れるならルールブックの見直しをした方がよいのは間違いない。

    たけまろさん2014/07/27 06:49に投稿

    1
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ