W杯王者ドイツと欧州CL王者レアル・マドリー、もし戦ったら勝つのは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 2014年ブラジルW杯は、ドイツ代表が南米の地で欧州勢として初の優勝を手にしました。  その約2カ月前、CL決勝ではスペインのレアル・・・続きを表示

●ドイツ代表   ●レアル・マドリー

1-10件を表示 / 全28

すべて| ドイツ代表| レアル・マドリー|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • この設問に対する批判が見受けられるが、私はおもしろい設問と思う。というのも、ドイツ代表はレーブ監督が長年熟成に努めた結果生まれた、クラブチーム以上に統制のとれたチームだから。育成の成功も相俟って、要所にタレントを擁した素晴らしいチームに仕上がっている。もしアルゼンチンが優勝していたら、この設問はなかったことだろう。

    そう言いつつも予想はレアル。ドイツ代表はDFラインを高くしつつ裏のスペースをノイアーがカバーしているが、レアル前線の仕掛ける高速アタックはさすがにカバーしきれないのでは。ただ、レーブには他にも引き出しがある気がするので、簡単にはやられないのではないか。

    サモ・ハンさん2014/07/24 10:16に投稿

    9
    そう思う!
  • 今のドイツ代表はクラブチームの域に近づいているとは思いますが、それはバイエルン勢がウヨウヨいるからのこと。やはり、本物の、しかもタイトルホルダーのクラブチームの方が強いでしょう。
    代表チームも、同じクラブを多数そろえるのが強いように思いますね。純血国籍のクラブチームがタイトルホルダーになって、そのまま代表にシフトすれば相当強いような…。

    ittaさん2014/07/24 10:13に投稿

    4
    そう思う!
  • 愚問だがここは敢えてひねくれて、ドイツ代表としておこう。
    設問どおりに「今」ガチンコ試合するならね。
    明日にでも試合するならおそらくドイツが勝つ。
    レアル勢の多くは不完全燃焼で負け組としてワールドカップを去り、
    クリロナは日本旅行、チームはアメリカ集金ツアー準備中と
    ガチンコ試合する準備はほとんどできていない。
    ドイツ代表のがまだ戦える状態に近い。

    コーイチさん2014/07/24 12:00に投稿

    3
    そう思う!
  • ドイツがどうのこうの、というより今季のレアルには「嫌らしい強さ」を感じませんでした。CL決勝を90分でアトレチコを粉砕していればレアルに一票入れたでしょうが・・・。

    直接対決する場所にもよるでしょうが、仮に「日本」で対決するのであればドイツでしょうね。

    ベガロッテさん2014/07/24 13:49に投稿

    3
    そう思う!
  • ドイツ代表に一票です。
    何故なら、サッカーって相対的なスポーツでしょ。双方のフォーメーションのハマり具合とか相性って重要だと思うんですよね。カウンターのチームはあのGKには相当手こずるんじゃないでしょうか?

    相対的と言えば「ボール保持率」に一言。プレッシャーの少ないエリアでボール回してる(何となく中継している人多数)だけの、ポゼッションという魔法の言葉を使うのやめませんか?

    mizuさん2014/07/25 01:32に投稿

    3
    そう思う!
  • おそらく、ドイツの対戦国は直前のCL決勝、レアルとバイエルンの試合を対ドイツのスカウティングサンプルとしたに違いない。けれどもそのドイツこそ、同試合を自国の弱点分析の得難い教材として活用したに違いない。

    あの敗戦の経験はバイエルンはもちろん、ドイツ代表にとっても単なる一過の敗戦ではなかったはず。あの試合で勝つには?の答は、ドイツ代表がW杯で勝つために必要不可欠だったのでは。

    いずれにしても、結果、W杯では擬バイエルンともいわれたドイツが勝者となった。クリロナ+ベイル級のような縦の破壊力とのマッチアップは本戦ではなかったものの、対策は既に想定できているように思う。さらに、レーヴはこれまでロナウドを戦術的に押さえ込んできている。

    「個」のみでの限界を、結果知らしめてくれた今のドイツなら、クラブ王者にも勝ち越せるんじゃないかと思わせてくれる。

    Camposさん2014/07/25 02:39に投稿

    3
    そう思う!
  • 状況によって左右される、というのが一番正しい答えじゃないだろうか。
    毎年10戦するならマドリーの7勝3敗くらいでは、と思う。しかし10年に一度の一発勝負になったらドイツ代表が勝ちそうな気がする。
    CL決勝は毎年あり、複数回出場した選手も何人もいる。しかしW杯決勝は四年に一度、ほとんどの選手にとってキャリアの中で一回出られれば良し、の大会である。
    そのプレッシャーの差が、どうサッカーに影響するかが今回のW杯では一番おもしろかった。今回の設問ではサッカーの質とか内容より、どちらがより精神的プレッシャーに強いかを比較すべきだと思います。ドイツ代表は結果でそれを証明しているので、ドイツ代表を推します。

    ノブたんさん2014/07/26 10:28に投稿

    3
    そう思う!
  • 両者がそれぞれCLとW杯で展開したサッカーでぶつかる前提なら、レアルが勝つ。
    理由は、単純にC・ロナウドのベイルの両翼に加えて、ベンセマとディ・マリアが突っかかる昨季のレアル・マドリーのカウンターの方がドイツ代表の面々が繰り出すカウンターよりも上だから。
    ただし、ドイツ代表側がCLのドルトムントみたいにハードプレスを仕掛けて、それがハマるレベルで実行出来るならば、ドイツ代表にも勝機があるとは思う。(その気になれば出来る様に代表でも導入を試みていたのは知ってますが、やはり、本家本元のドルトムントよりは完成度は低いと想定してます)

    heroheroさん2014/07/28 10:38に投稿

    3
    そう思う!
  • クロースとケディラが重複しているのは前後半でトレードするということで良いのでしょうか?というのは冗談として…
    ドイツ代表もバイエルンの布陣を中心に組んでいるのだからチームとしての成熟度は決して低くないけれど、ロッベン・リベリの両WGの破壊力、アラバLSBの構成力が有るか無いかの違いはかなり大きい。他方、レアルマドリーはC・ロナウドの使い方から逆算してチーム編成しているので、ポルトガル代表での彼とはまったく違う働きが期待できる。そのへんを差し引きすれば、ドローかそれ以上でレアルマドリーが有利でしょう。

    ところで、PSMを観ながらこの質問を受けると、「ブラジル代表vsACミラン」という組み合わせも(ネガティブな意味で)かなり気になるところではあります…

    コオニさん2014/07/28 12:14に投稿

    3
    そう思う!
  • ドイツ代表がW杯で示した戦術は、どの相手に対しても通用する21世紀の基本になるような戦術。
    バスケ・ハンドボールといった競技のスクリーンアウトに着想を得た戦術は、それに3-4-3,4-4-2のような、その時代々々で流行るシステムに融合させることでチームごとの個性の出る発明とも言える。
    ブラジル代表を一蹴出来たこの戦術の前には、レアルマドリーも同じ戦術が展開できない限り勝ち目はない。

    ogaさん2014/07/28 22:46に投稿

    3
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ