高校野球、甲子園大会でのタイブレーク導入に賛成? 反対?

集計グラフを閉じる

 7月13日、日本高野連が春夏の甲子園大会で、延長戦を塁上に走者を置いた状態で始める「タイブレーク方式」の導入を検討することが報じられま・・・続きを表示

●賛成  ●反対

1-10件を表示 / 全37

すべて| 賛成| 反対|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • タイブレークとはそもそも延長戦がエンドレスになりにくい方法でしかないので、選手の負担という意味では、延長15回よりはマシというだけで、9回決着より負担が軽くなるわけではない。
    選手の健康管理を理由にするのは筋違い。配慮してますよのポーズでしかない。

    日程消化という点では効果はあるだろうが、個人的には反対。
    延長戦に入るような試合であれば「どちらにも勝たせてやりたい」という気持ちになるので、延長戦にしろタイブレークにしろ、わざわざ敗者を作り出す必要があるのかな?と思う。
    9回終了時点で同点なら引き分けで、次戦へ進むチームはラグビーみたいにくじ引きで決めたらいい。
    「決着をつけないと気が済まない」ではなく「練習してきたことを9イニングですべて出し切る」というのも大事なんじゃないかな。

    名勝負云々は観客の勝手な想いでしかないので、議論に値しない。
    観客のために高校の部活があるわけではない。

    61さん2014/07/18 18:35に投稿

    16
    そう思う!
  •  現時点で高校野球がある意味で生徒を集める為の広告塔に成ってしまった中でどれだけの大人の関係者が(監督を含め)色眼鏡をかけずに高校球児の選手生命を第一に考えてマウンドに立たせているかが問題点に成ってくると思います。彼ら、高校球児はもちろん投げたいと言うでしょう、でもそれを冷静に判断して多投させない為に監督もしくは、大人が周りに居るのですが、数ある名勝負の中には、非現実的な投球回数を要求されているのも事実です。私はもっと沢山の日本人メジャーリーガーを見たいと心の底から思っています。そして、高校球児は、そこを目指して頑張ってもらいたいと思います。もし彼らがそれを職業として野球をしているなら、観客側は、名勝負を見たいと言う少しの余地はありますが、現にプロ野球選手に高校球児並みのスケジュールで投げてる投手が居ない今、お金ももらっていない将来のある若者にそれを強いるのは馬鹿げた話ですよね。

    onikuさん2014/07/16 03:25に投稿

    13
    そう思う!
  • 日程も自由にしにくい上に、酷使が増えがちな甲子園。夢に向かってがむしゃらになってしまう高校生の将来を守るルールが必要なんではないでしょうか。
    中1日で延長15回投げ切ったエースが登板なんて事にならないように、日程ももっとゆとりを持ったものにして欲しいですが。

    いけやんさん2014/07/15 18:36に投稿

    6
    そう思う!
  • 既に実績があるルールなのであれば、積極的に採用して欲しい。新しいルールでの新たな名勝負が産まれることでしょう。

    ひであさん2014/07/16 11:02に投稿

    5
    そう思う!
  • 賛成、ですがこれは延長戦の限界を決めた上での判断がある場合。
    いつも「投手が158球を越えている」とTVが言っているのを聞くと「大丈夫か」と自分から声が出てきます。なのにエースが打たれては、負けもやむなしの感覚で投げさせるのはもう古くなって来ました。
    たとえば、試合当日の気温が高い場合、延長12回ですこし休みを入れて13回からタイブレークをやる。といった形です、大学の大会で何度かタイブレークの試合を見ましたが、面白く見られました、ただあくまでこれは見る側の意見です。
    導入後、アンケートを全ての高校の選手、監督、タイブレーク経験のある生徒(そこで応援していた生徒)による意見をもう一度集め結論。
    私は最近の試合は熱中症の危険が多い可能性を指摘します、見ている人には感動でもやっている選手には残酷な状況なのです。
    もし選手権大会で選手が倒れて息が戻らない等危険性も踏まえての意見です。

    MinnadeVさん2014/07/16 03:43に投稿

    4
    そう思う!
  • どちらかといえば賛成ですかね。

    タイブレークだからいい!というものではなく、あの高野連が選手の事を少しでも考えて、ルールを見直そうとしているのが素晴らしいことです。

    確かに、普通に延長のままでいいという気持ちもありますが、やはり少しでも選手の為になることは積極的に変えていくべきではないでしょうか。


    帝王00さん2014/07/17 17:54に投稿

    4
    そう思う!
  • 野球のルールを変えないでもらいたい。

    まず、ルールを変える前にやることがあると思う。延長に入ったらドクターチェック入れるとか、もっともっと日程に余裕を持たせるとか・・・。

    タイブレーク方式が導入されれば、延長で繰り広げられた数々のドラマは一切無くなる(能代商vs如水館は近年最高の試合。こういう試合が無くなってしまう)。
    変わりに、中途半端な決着が増える。完全燃焼できない高校球児、ルールのせいで負ける姿、そんなのが球児のためになるのか。

    1を得るために100を捨てる愚策はやめるべきだ。

    Dブライアンさん2014/07/15 20:49に投稿

    3
    そう思う!
  • 野球自体を変えるのではなく、選手の起用法、ベンチ入り選手の数を変えれば良い。

    野球をやった人なら誰でもわかると思うけれど、例えば7イニング制の野球をやっているうちは本当の野球をやった気がしないものだ。もちろん、タイブレークを導入されたとしても、きっと同じ気持ちになるだろう。

    ダルビッシュはメジャーリーグのオールスターに3年連続で選出された、いわば現在の日本人野球選手の頂点に立つ人。だから甲子園は野球人生の単なる通過点でしかない。

    しかし圧倒的大多数の野球人にとっては、甲子園こそが最高の晴れ舞台だ。そこに、仮免運転中のナンバープレートをかけるような真似だけはしてもらいたくない。この舞台を最後に野球をやめ、大学で学んだりそのまま就職するなどして、労働者階級としてのキャリアをスタートさせる人がほとんどなのだから。

    るーくさん2014/07/16 12:39に投稿

    3
    そう思う!
  • 肘や肩の故障については、個人差も当然あるとは思うが、
    考慮すべき時代だと思う。見方によっては、あの灼熱の
    中の連投や延長戦は、虐待ともとられかねない時代なの
    である。田中や松坂を見ても、あの経験から得られた精
    神力や根性は貴重かもしれないが、若くして故障してい
    ては全てが無駄となってしまう。大きく方向転換を考え
    る時期に来ていると思う。ただメジャーリーグでも今年
    は何故か、若きエース達の故障が相次いでいる…。この
    問題とは別に、福島から太平洋を渡って流れつく、あの
    問題も影響し始めているのかもしれないよ。

    今日もサンガさん2014/07/24 17:17に投稿

    2
    そう思う!
  • 能力ある有望な若い選手や、おじさんになっても野球を楽しみたい高校生を守るためには必要やと思う。
    高校野球に青春を賭けてる高校球児はいつまでも投げたい、プレイしたいと思うし、大人は有能な選手に頼って一つでも上に行きたいと思うのは仕方ないと思う。
    そしてそのような中でたくさんの名勝負が生まれたのも事実。
    しかし酷使しすぎたりさせすぎたために、どれだけの野球人が怪我に泣いているのやろか・・・
    多いとは思うけど、その人数は誰にもわからんよね。
    松坂投手や田中投手のように耐え抜けた選手はごくひと握りやと思うけどなぁ。
    そやから負担を少なくするルールを強制的に取り入れて、その人数を少なくしていくのが大人の責任やと思うのやけど。
    それにタイブレーク方式ならではの名勝負もきっと生まれると思うよ。
    ピンチからのスタートなんて、駆け引きだらけで見てるほうは面白そう・・・

    コタローさん2014/07/25 21:39に投稿

    2
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ