私とDo 特別編BACK NUMBER

<達人が教える山旅> 山野井泰史と行く奥多摩 「奥多摩もヒマラヤも同じように面白い」 

text by

柳橋閑

柳橋閑Kan Yanagibashi

PROFILE

photograph byKisei Kobayashi

posted2014/07/16 10:00

<達人が教える山旅> 山野井泰史と行く奥多摩 「奥多摩もヒマラヤも同じように面白い」<Number Web> photograph by Kisei Kobayashi
世界的アルパインクライマーとして知られる山野井泰史さん。
彼が普段の山登りや生活の拠点としているのは、
意外にも東京都内の“あの山”だった!

本日発売の「Number Do 達人が教える 山旅に行こう。」より、
山野井さんに奥多摩の醍醐味を聞いた特集を一部公開します。

 世界的なアルパインクライマーとして活躍し、ヒマラヤをはじめ数々の高峰で記録的な登頂を成功させてきた山野井泰史さん。当時から現在に至るまで、山野井さんが生活、トレーニング、山遊びの拠点としているのが奥多摩だ。東京の都心から2時間もあればアクセスできる手軽な山域だが、じつは達人が長年住んでも掘り尽くせない奥深い魅力があるという。

 山野井さん夫婦が奥多摩に移り住んだのは1992年のことだ。奥さんの妙子さんがマカルーで凍傷を負い、山野井さんは富士山での荷揚げ中に落石に当たり、足を骨折した後のことだった。二人は退院後、奥多摩に一軒家を借り、いっしょに暮らし始めた。

「それまでは都心の安アパートに住んでたんだけど、もっと山っぽいところで暮らしたいなということで、家を探し始めたんです。その頃は定期的に東京の都心に出る用事があったし、富士山の強力(ごうりき)の仕事もやっていたんで、静岡にも出やすいところ、さらにトレーニングのために岩場があって、山道を走れて……といった条件を考えていったときに残ったのが奥多摩だった」

「あんまりクライマーのコミュニティは好きじゃない」

 クライマーや山岳ガイドの多くが山梨や長野に住むケースが多い中、なぜ奥多摩だったのだろう?

「僕はあんまりクライマーのコミュニティみたいなところは好きじゃないんです。周囲が登山家だらけで、いろんな情報が入ってきて、いつも競争しているような雰囲気よりも、どちらかというと普段は近所のおじさん、おばさんと話しているほうが落ち着く。その中で、自分の行きたい山の計画をじっくり考えるのがいいんですよ。土地勘があったというのも大きいね。子供の頃からよく来ていて、古いアルバムを見ると、川苔山や、雪の雲取山、鷹ノ巣山の写真がけっこうある。高校時代になると、岩登りの練習にもよく来てました」

 引っ越した当時は毎年のようにヒマラヤで先鋭的なアタックに明け暮れていた時代。日々そのためのトレーニングに勤しんでいた。

【次ページ】 クライミング+ランニングを12時間ぶっ続けでやった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
私の「山」論
山野井泰史

ページトップ