ブラジルW杯で0勝9敗3分のアジア勢。ロシアW杯の適切な出場枠は?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 ブラジルW杯で日本は0勝2敗1分でGL敗退を喫しました。  アジアから出場した他の国を見てみると、オーストラリア0勝3敗、イラン0勝・・・続きを表示

●4.5
●4
●3.5
●3
●2.5
●2
●1.5
●1
●その他

1-10件を表示 / 全54

すべて| 4.5| 4| 3.5| 3| 2.5| 2| 1.5| 1| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 2.5

    2.5で良いと思いますよ。大体日本が枠を減らされることに懸念を示していること自体が意味不明。一体どこを目指しているのやら。
    決勝トーナメント表を見れば見るほど日本の入る余地などどこにもないと思い知らされる。大体日本はFIFAランキング46位。W杯出場国は32。要するに日本は基本的にはW杯出場の資格すらないということだがアジアの生ぬるい出場枠のおかげて出られているのに過ぎない。最近のFIFAランキングは親善試合度外視で公式戦を重要視するためある程度信用できる。
    「本当は出場資格すらないのに出場させてもらってすみません、みなさんに迷惑かからないように一生懸命がんばります」というのが日本を含むアジア勢の姿勢であるべきだ。
    それなのに日本ときたら「自分たちのサッカーを貫く」や「W杯優勝(一部の選手)」などおよそ強者を思わせるようなことばかり言っている。バカなのか、と思ってしまう。



    BOTANさん2014/07/01 18:28に投稿

    8
    そう思う!
  • 3

    適正な数字をここで挙げるのは難しいが、W杯のレベルを保証するためにもアジア枠はもっと少なくてもよい。
    日本に限った話ではないが、枠が少なくなれば予選の戦いは激化する。
    予選参加国の質については南米や欧州に及ぶべくもないアジア全体の底上げを考えるのならば、少ない枠を競り合うことで試合の質を上げ、もって本大会で戦い抜くだけの地力をつけるというのは悪くないと思う。
    アジア枠の減少を危惧するのは、結局のところ金絡みの観点からである(但し、大会規模を維持するための集金としての放映権料その他を担うアジアの貢献を否定するわけではない)。
    W杯においてアジア枠という捉え方をするから、日本代表(が出場すること)だけを考えてアジア枠の縮小に危機感を覚えるのではなく、世界のベスト32チームとして大会に出場するためにはどうするべきかを真剣に考える時期がきている。

    ガチ悪オヤジさん2014/07/01 20:00に投稿

    8
    そう思う!
  • アジア枠を撤廃すべき。
    アジア同士で争っていても、一向にレベルは上がらない。
    南米枠に吸収させ、合わせて9枠にする。
    出場の可能性は減るかもしれないが、南米の強豪と常に出場を争えば、必ずアジアのレベルは上がる。
    アジア同士で戦う状況を変えないと、根本的に改善しない。

    ittaさん2014/07/01 20:29に投稿

    6
    そう思う!
  • 3.5

    アジアのサッカー選手たちが、ヨーロッパのサッカーシーンで重要な役割を果たすようになった昨今。
    現在の枠数でまったく問題ない。ヨーロッパも南米も北中米も南米も現在の枠数で問題ないと思う。
    不満があるとすれば、オセアニア。オセアニアの出場国(トリニダード・トバゴやニュージーランド)は出場するたびに、史上初の勝点、史上初の得点だ何だと騒ぎ出す。もちろんそれは、その国の今後のサッカーを考えれば重要な事だが、あまりにLevelが低すぎる。

    なので、アジアの4枠目をオセアニアと競わせるのが懸命だと思います。順当に行けば、韓国、日本、AUSは本大会へ行くし、ネームバリューも実績も実力もボッド4として問題なし。しかし、4枠目を争うイランやサウジやカタールは明らかに実力不足。

    正直、今大会で一番Levelが低いと感じたのは、カメルーンです。実力よりも、内部組織に問題が多い。

    酢酸ナトリウムさん2014/07/06 13:58に投稿

    6
    そう思う!
  • 4.5

    確かに惨敗だったが枠を減らしたらアジアは完全にガラパゴス化してしまう。Jだって衰退するだろうし、アギーレ新監督だって日本が4大会連続出場したから来てくれるんでしょ。アジアのサッカーが進歩するのに世界から孤立してどうするの。いい加減に自虐はやめましょう。それにアジアは世界人口の70%(だったっけ?)を占め放映料だけでも断トツ払ってる。ヨーロッパは欧州選手権(ナショナル代表)あるし何もW杯でヨーロッパだらけになる必要ない。

    torikoさん2014/07/01 19:16に投稿

    5
    そう思う!
  • 4.5

    今回結果が出ないから即枠を削るというのはナンセンスかなと。
    今大会旋風を起こしているコスタリカを見てもあきらかに大会を通して、成長し、自信をつけている。一昔前とは違い、個の力だけでは勝てないことを示してくれた。
    これが日本を含めアジア勢にできなかったのかというと紙一重なんだと思う。だが決して簡単なことではないということもまた大会に出場したからわかったことで、アジアの全体がこの感覚を覚えていくことかないと世界とは戦えない。
    広大なアジアという大陸で秀でる才能を見出すのもまたワールドカップという舞台がなければ難しいので、何十年もかけて勝ち取った4.5枠をこの大会限りの評価で未来の可能性をつぶすことはない。

    TORONCOさん2014/07/02 09:22に投稿

    5
    そう思う!
  • 3.5

    アジアを一応マーケットと見つつ、実力とのバランスを考慮すると3.5が一番しっくりくる気がします。

    大会方式を変えてACLのように西アジアと東アジアでグループを分けて、

    ・地域1位がストレートイン
    ・地域2位同士がプレーオフで勝者が本戦出場
    ・同敗者が大陸間プレーオフ

    というのも死闘の予選で、W杯を目指す本気の強化が必要になってくるので面白そうです。
    地域グループでは移動距離を減らせるメリットも一応ありますので。
    試合数が増えて選手には過酷かも知れませんが・・・

    K4NUさん2014/07/02 10:01に投稿

    5
    そう思う!
  • 3.5

    アジア3.5枠に減らし、南米を5.5枠に増やす。
    そして、アジア4位と南米6位とが1枠を争う。
    それか争う相手は北中米4位でもいい。

    今回の結果では南米を1枠増やすくらいは当然、しかし、開催地で結果は大きく変わると思うので極端に変えるのはよくない。
    ただ、こうするとアジア最終予選を1グループの総当たりにするかなどの大きな変化が必要となり、日本は移動、試合数の面で不利になるので日本サッカー協会は良しとしないでしょう。
    ですが、厳しい予選での戦いは勝負強さを磨く上で絶対に必要だと思う。

    W杯をごまかすかのように、10月にブラジルと親善試合することに大した価値は無い。

    頭の中まで無回転さん2014/07/01 20:18に投稿

    4
    そう思う!
  • 4.5

    日本を含めたアジアのサッカーの将来を考えればなんとか現状の出場枠は維持してほしい。日本のサッカーが世界と戦えるようになるには、アジア全体の競技レベルの向上と意識改革が必要だと思うけれど、W杯本戦と比べてアジア予選は大会運営に対するスタンスや取り巻く環境が未熟だし、サッカー以前の問題も多い。この現状はできるだけ多くのアジアチームがW杯本戦に出場して、世界のサッカーやその価値観を痛感することでしか成熟していかないと思う。また出場枠が削減されれば、ますますアジアを勝ち抜くための戦術や選手選考、運営マネージメントに特化しなければならなくなるはずだから世界のトレンドから乖離してしまう。一度その舞台に立って思い描いてしまったためにいっそう強くなる欲望を、W杯で勝ちたい欧州南米の列強国に勝ちたいとどれだけ本気でリアルに渇望できるか。日本とアジアのサッカーには多くの苦惨な体験の機会が必要だから。

    Camposさん2014/07/02 11:41に投稿

    4
    そう思う!
  • 4.5

    4.5のままでいいと思う。
    確かに今回の大会は悪かったけど、イランとオーストラリアは勝ってはないけど善戦していた。
    ただオセアニアの0.5はいらない。ニュージーランドもアジア枠でいいと思う。
    日本、韓国のグループリーグ敗退は、組み合わせの時には相手の戦力と見比べれば、ある程度予想できたと思う。

    フィリップさん2014/07/01 19:41に投稿

    3
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ