SCORE CARDBACK NUMBER

マルクだけじゃない! 世界最速のマルケス兄弟。
~モト3、アレックスの快挙と資質~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2014/06/27 10:00

マルクだけじゃない! 世界最速のマルケス兄弟。~モト3、アレックスの快挙と資質~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

表彰台の喜びの表情は兄にそっくり。だが、身長は弟が180cmと兄より12cmほど高い。

 マルク・マルケスがモトGPクラス開幕7連勝を達成した第7戦カタルーニャGPのモト3クラスで、実弟のアレックスが優勝した。アレックスの勝利は昨年の日本GPで初優勝して以来、8戦ぶり。同一大会で兄弟揃って優勝というグランプリ史上初の快挙、しかも母国GPでの達成で、サーキットに集まった9万2000人のファンを喜ばせた。

 兄のマルクは'93年2月17日生まれ。デビュー当時から注目された存在で、17歳の'10年に125cc、19歳になった'12年にモト2でタイトルを獲得。あっという間にモトGPへと駆け上がり、初年に世界の頂点に立った。

 一方のアレックスは'96年4月23日生まれの18歳。小さいころから3歳違いの兄と一緒にトレーニングしてきた。昨年からグランプリにフル参戦しているが、チャンピオンの弟の宿命として、関係者の間で「あのマルケスの弟」として認識されてきた。才能を評価されてというより、常に「弟」ということばかりが先行してきたが、レース環境面で兄が歩んだ道をトレースしているのだから仕方がない。マルクが史上最年少でモトGP王者になってからは、ファンにも「マルケスの弟」として知られるようになった。

「僕が優勝すると、マルクはすごく喜んでくれる」

 そんな境遇について、アレックスはシーズン開幕前の会見でこう語っている。

「僕が世界王者の弟だとみんなが知っているけれど、いま、僕がこのチームで戦えている理由は、マルクの弟だからではなく、自分の力だと思っている」

 カタルーニャの勝利は、そんな言葉のなによりの証明となった。

 何事にも活発で思い切りの良い走りをする兄と慎重で優しい弟。「バイクに乗る才能は弟の方がある」とマルクは弟の速さを認めるが、数十年にひとりの天才で、次々に新記録を樹立するマルクを超える才能はほかに見あたらない。だが、アレックスがカタルーニャで見せた独走優勝は、チャンピオンになれる資質があることを十分に感じさせた。

「マルクにはいつも助けられている。僕が優勝するとすごく喜んでくれる。それが何よりもうれしい」

 多くのファンが兄弟揃っての世界王者に期待をふくらました日。弟の優勝を誰よりも喜んでいたのは、まちがいなくマルクだった。

関連コラム

関連キーワード
マルク・マルケス
マルク・アレックス

ページトップ