SCORE CARDBACK NUMBER

大阪桐蔭だけじゃない! 近畿は今や“群雄割拠”。
~智弁学園・岡本ら好打者が続々~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/06/26 10:00

大阪桐蔭だけじゃない! 近畿は今や“群雄割拠”。~智弁学園・岡本ら好打者が続々~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

智弁学園の右スラッガー・岡本和真。高校球界屈指の“飛ばし屋”の憧れは中村剛也だという。

 '12年に藤浪晋太郎を擁する大阪桐蔭が春夏連覇する以前、近畿勢は宿敵の関東勢に押されていた。'07~'11年の5年間、近畿勢が夏の選手権でベスト4以上に進出したのは'08年の大阪桐蔭(優勝)と'10年の報徳学園(4強)だけなのに対し、関東勢は'08年の横浜(4強)、'10年の成田(4強)、東海大相模(準優勝)、'11年の作新学院(4強)、日大三(優勝)と5校を数える。

 それが2年前の大阪桐蔭連覇を経て、'14年春の選抜大会では、龍谷大平安が準々決勝で桐生第一、準決勝で佐野日大という躍進著しい北関東勢を撃破して決勝進出。別ブロックを勝ち抜いた履正社と35年ぶりの近畿決戦が実現された。結果、龍谷大平安が初の優勝を成し遂げたのは周知の通りだ。

 この5月に行われた近畿大会の予選でもある大阪大会決勝では、履正社と大阪桐蔭の頂上対決が注目を集めた。近畿大会本戦では、その大阪桐蔭が報徳学園と決勝で争い、8対5で接戦を制している。春の王者・龍谷大平安も、ドラフト候補を擁する智弁和歌山や報徳学園など強豪校と鎬を削りながら4強まで進出して話題を呼んだ。大阪桐蔭ばかり目立っていたこれまでとくらべ、近畿の高校球界に奥行きが生まれているのがわかる。

打者に比べて好投手は少ないが立田将太らの奮起に期待。

 選手個人のレベルでも選抜出場組が頑張っている。智弁学園の岡本和真は近畿大会予選・奈良大会準決勝の大和広陵戦で清原和博と並ぶ高校通算64本塁打を放ち、変わらぬ強打を発揮している。龍谷大平安の徳本健太朗は、近畿大会1回戦の智弁和歌山戦でランニングホームランを放ち俊足をアピールした。

 近畿大会の覇者、大阪桐蔭の野手陣も充実している。昨年から試合に出ている森晋之介、香月一也、峯本匠に加えて、最近頭角を現してきた正随優弥や横井佑弥がチームの牽引役を務めているのだ。チャンスメーカーとポイントゲッターのバランスもとれ、有望タレントの顔ぶれということなら大阪桐蔭が近畿勢の中で今なおナンバーワンと言ってもいい。

 不満は打者にくらべ好投手が少ないことだ。これは全国的な傾向でもあるが、下級生の頃から活躍してきた立田将太(大和広陵)や永谷暢章、溝田悠人(ともに履正社)が一本立ちできれば、近畿の強さは盤石なものになっていくだろう。

関連コラム

関連キーワード
智弁学園
岡本和真
大阪桐蔭
履正社

ページトップ