4年前の南アフリカW杯よりも日本代表のサッカーは進歩したか?

集計グラフを閉じる

 ブラジルW杯、ザックジャパンは1分け2敗でグループリーグ敗退となりました。  前回の南アフリカ大会では岡田武史監督が本番直前に守備的・・・続きを表示

●進歩している  ●進歩していない

1-10件を表示 / 全129

すべて| 進歩している| 進歩していない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 日本代表のサッカーは間違いなく進歩している。
    3戦ではなく4年間をみるべきだ。

    3戦のみの結果で判断する程、日本は強豪国ではない。

    4年前を忘れないで欲しい、岡田監督は勝つ為に戦術を急遽変更した。日本はGLを突破したが、あの戦いはある意味歩みを止めた戦いだった。
    あの結果は戦術家としての岡田監督の手柄であり、日本サッカーの進歩ではない。

    以前の日本は親善試合とは言えアウェイで強豪国に勝てるチームではなかった。
    今や「日本はワールドカップでダークホースになりうる」とまで海外記者に言われるほどになった。
    強豪国にはほど遠いが、うまくはまれば強豪国も喰える。
    それ程の評価をもらえたのは、進歩にほかならない。

    僕はこの大会はこの結果でもいいと思っている。
    改善点は多いが、今のサッカーを続けるべきだ。
    4年間を見れば積み上げてきたものがあり、そういう歴史こそが日本代表を強くすると思う。

    jose-papaさん2014/06/25 19:33に投稿

    22
    そう思う!
  • この「言わせろナンバー」で何度もザッケローニにの退陣要求をしてきました。当然です。代表監督の資質ゼロなんですから。
    ナンバーさんはザッケローニに退陣要求しましたか??ガンバレ報道に終始したんじゃないですか??僕たちに意見を求める前に、海外の厳しい意見を紹介する前にジャーナリスト自身の意見を掲載してください。じゃないと監督は変わってもメディア・協会・世論は変わらないと思いますよ。少なくとも今回の絶望的敗戦で世論は多少メディアのゆるーい報道は信じないと思います。
    あとはメディアが世論と協会を引っ張って行ってください
    選手たちはうまくなっています。あとはメディア・協会が変わらないと。

    BOTANさん2014/06/25 20:01に投稿

    17
    そう思う!
  • 日本代表の実力以前に、日本社会の中でサッカーの占める位置、意味に欺瞞を感じる。
    サッカーは言うまでもなくその発祥が戦争の代理行為であることから、ヨーロッパや南米の国々にとって、特にW杯は国の威信を掛けた戦いである。
    日本人も同じようなことを口にはするが、実態はそれとは程遠い。小賢しい技術論ばかりが幅を利かし、“国の威信を掛けて”サッカーをプレイする、という意味において、彼の国々とは意識の深さ、歴史的な理解が浅過ぎる。
    日本のサッカーを巡る実態は、少数の本当のサッカーファンと、プロサッカーをビジネスチャンスとしてしか捉えていない大人達と、国際試合を騒ぐ口実としてしか考えていない若者達と、無関心な大多数の人々で成り立っている。
    こうした国が、W杯の場で本当に勝者たる資格があるのか。
    今のままでは例えゲームに勝ったところで、世界は日本を”サッカー大国”として尊敬することは決してないだろう。

    Gold-jacketさん2014/06/25 14:49に投稿

    13
    そう思う!
  • 進歩はしているでしょう。W杯の結果だけ見れば前回を下回ってはいるが、相手のあることなんで、それだけで否定するものでもないし、圧倒的に力のあるチームが予選敗退とかなら「進歩がない」かもしれないが、日本なんて「GL突破できるかもできないかも」のレベルなんで、誤差の範囲でしょう。
    日本サッカー界にとって、「進歩」ってなんだろう?
    日本人選手や日本代表チームを観て、「サッカーやりたい」「サッカー観たい」と思う人が増えることが、日本サッカー界の進歩なのでは?
    そういう意味では、「(日本に限らず)弱いチームが勝つための、耐えて耐えてカウンター」よりも、「(日本の強みを使った)速い地上戦で攻めるサッカー」の方が、夢があるよねぇ。
    それで勝てるかどうかは別ですが。

    61さん2014/06/27 08:48に投稿

    13
    そう思う!
  • 明らかに退化している。「攻めて勝つ」の志ほどには体が動いていなかった。メンタル、コンディショニングともに準備不足だったのではないか。
    3戦を通じて感じたのは、「中途半端」の一言。テストマッチでは取られても取り返す試合ができていたのに、本番では失点を必要以上に怖がっていたように見受けた。マイボールの際にボールロストを恐れる弱気なパスを重ね、そこでのミスを突かれる展開では勢いは生まれない。多少なりとも攻める姿勢を見せたのは、後がなくなった最終のコロンビア戦くらいなものだろう。
    2010年の試合ぶりは確かに面白いものではなかったが、「勝つ」という目的意識や姿勢は感じさせてくれた。今回の代表からは「自分たちのサッカーをしたい」という目標はよく聞かれたが、その曖昧な言葉のままに勝つ意識もあいまいだったように思えてならない。体力、技術、試合運びに劣るなら、気力のほどは示して欲しかったと思う。

    king-kさん2014/06/25 15:06に投稿

    10
    そう思う!
  • 残念ながら進歩していない。正確には、していないのではなく、させてもらえていない、と言った方が妥当か。
    何者が進歩を阻んだのかと言えば、協会とマスメディアに尽きる。
    以前から、御用聞きの番記者でしかないマスコミと日本サッカーではなく日本サッカーを取り巻く金銭にしか興味がない協会については、幾度となく指摘してきたつもりだが、結局は4年前の轍を違う形で踏んだに過ぎない。

    そもそも、ブラジル大会における日本代表の標榜する戦術は既に過去のものであり、海外組と言われる選手がこぞって6年前をピークとするスペイン、そしてバルサの残影を追いかけている時点で今大会には何も期待していなかった。
    そして期待していなかった以上に内容結果共に惨憺たるものだった。
    一次リーグの全試合の中で、内容についてワースト5を選ぶとすれば、いずれにもアジアのチームが絡み、さらにうち3試合に日本代表が名を連ねているように思う。

    ガチ悪オヤジさん2014/06/27 17:24に投稿

    10
    そう思う!
  • 進歩はした。
    が、世界はもっと進歩していた。

    南米開催はかねてより南米勢有利と言われ、アジア、アフリカ勢のGL突破は今だなく、スペイン、イタリア、イングランドら歴代優勝国ですらGL敗退した今大会。日本代表の結果自体は至極妥当で、これのみで退歩とは言えない。

    W杯予選、アジアカップでは結果を出し、親善試合では強豪国とも渡り合えるようになった。ヨーロッパ主要リーグで活躍する選手は増え、少なくともGL3カ国に名前負けはしていない。今では相手が十分に日本対策を取ってくる。これは大きな進歩だろう。

    しかし進歩の速度は十分ではなかった。
    なんで日本の選手はすぐ倒れるのか?球際でファイト出来ない選手ばかりW杯優勝とは聞いてる方も恥ずかしい。なでしこをよく見習ってもらいたい。

    もっとごーさん2014/06/25 23:35に投稿

    7
    そう思う!
  • なでしこジャパンと比べると分かり易いかと。
    決定的に違うのは、なでしこジャパンは『勝つこと』の重要さを知っていること。
    なぜなら、勝たなければサッカーをすることすら難しくなることを知っているから。
    『自分達のサッカー』という言葉を飽きる程聞いたけど、W杯で『勝つこと』より大事なことってあるのかなと。
    なでしこジャパンなら例えばコートジボワール戦なら、運良く一点取れたけど、自分達が体力を消耗し、相手の方が動きに分があったら、カッコ悪くても守りを固めてたかと。佐々木監督が特に力を入れたのが、選手達が自分達で考えてサッカーをすることだったし。
    『勝つこと』を最優先にしながら、自分達の力を少しずつ高めて行って欲しい。

    ko1さん2014/06/26 23:25に投稿

    7
    そう思う!
  • 4年前は地に足付けた現実的な戦い方だった。
    この10日間は、「自分達のサッカーが出来れば勝てる」という夢を見ながら心地よく眠っていた人が急に目覚めさせられ、夢と現実がごちゃごちゃになった様な戦い方だった。
    これを進歩と言うことは不可能。

    しゅうさん2014/06/25 15:58に投稿

    6
    そう思う!
  • この質問の内容が不明確なのであれですが、確実に進歩していると思います。

    4年前と比べて”強くなったか?”は分からないけど、4年前より欧州組が多く招集されてる事実の一点で、日本サッカーは進歩しているのではないでしょう?

    戦いぶりで言っても、前回は大会直前の連敗を喫して、守備的戦術への変更で勝ち進みました。言わば、積み重ねてきた物を捨てての躍進。今回は4年間積み上げてきたモノをブレずに出そうとしていたし、メンタル的にも実力的にも前回とは比べ物にならないと思います。

    今大会の日本代表は目を覆いたくなる結果でしたし、理想と現実の差を見せつけられました。しかし代表史上最強なのは間違いないし、なによりその実力を出し切れなかった点が勝てなかった理由だと考えます。

    お疲れさまでした。夢をありがとう、代表戦士。

    酢酸ナトリウムさん2014/06/25 16:26に投稿

    6
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ