セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

W杯に「出なかった選手たち」の今。
バカンスに、ビジネスチャンスも? 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/06/27 16:30

W杯に「出なかった選手たち」の今。バカンスに、ビジネスチャンスも?<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

ツイッターで、ゴルフを楽しむ写真を公開したテベス。アルゼンチン代表は2試合でグループリーグ突破を決め好調な出だしだが……。

 ブラジルW杯の熱戦真っ盛りだ。

 セリエAからは、82人の選手が各国代表に名を連ねた。

 しかし、代表から漏れた大多数の選手たちは、この6月をどう過ごしているのだろう。

“代表落ちした悔しさを家族サービスで発散”組の筆頭は、何といってもFWテベスだ。

 シーズン終了とともに米国へ飛んだテベスは、フロリダのディズニー・ワールドで子供たちと遊びまくっている。黄色い蝶ネクタイを締めたネズミの楽園の中なら、W杯の喧騒も届かない。グラウンドでの強面を忘れたテベスは、シンデレラ城の前でミッキーと戯れながら満面の笑みだ。

 名門ユベントスの背番号10を背負った野生児FWが19ゴールを挙げ、スクデット3連覇の主役になっても、アルゼンチン代表監督サベージャの考えは変わらなかった。“セレシオン”の王様はエースFWメッシであり、サベージャは異分子のテベスを招集することによって、チームの和が乱れるリスクを恐れた。水色ストライプのユニフォームへ袖を通すチャンスすら与えなかった。

 悔しさをバネにテベスはスクデット獲りに全力を注ぎ、見事タイトルを勝ち取った。ただし、自分を無視したサベージャ相手に黙ったままでは、男がすたる。

「自分の選んだ選手で結果を出せればいいが、負ければ代表監督は批判されるのが当然だと俺は思うね。(6月に)ブラジルになんて行くわけないだろ。W杯はTVでも見ないよ。子供とマジック・キングダムに行く方がいい」

ジラルディーノも失意の落選。

 イタリア有数の遊園地ガルダランドでは、FWジラルディーノが3人の愛娘と傷心を癒した。

 5月13日に発表されたイタリア代表予備リスト30人の中に、自分の名前がないことを知ったジラルディーノは深く落ち込んだ。代表監督プランデッリとは、苦楽をともにしたフィオレンティーナ時代以来の信頼関係で結ばれていたはずだった。

【次ページ】 アズーリ復帰の意欲、そしてパオロ・ロッシ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
カルロス・テベス
アルベルト・ジラルディーノ
パオロ・ロッシ

ページトップ