SCORE CARDBACK NUMBER

爆発的な成長力を誇る、ハーツクライ産駒の大躍進。
~逆境をはね返したGIホース~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYoshifumi Nakahara/AFLO

posted2014/06/22 10:30

爆発的な成長力を誇る、ハーツクライ産駒の大躍進。~逆境をはね返したGIホース~<Number Web> photograph by Yoshifumi Nakahara/AFLO

安田記念を制したジャスタウェイ。だがレース後の疲労が酷いため、宝塚記念を回避した。

 第81代ダービー馬の栄誉に輝いたワンアンドオンリー(牡3歳、栗東・橋口弘次郎厩舎、父ハーツクライ)は、非常に珍しいタイプの世代ナンバーワン・ホースだ。というのは、2歳夏の小倉芝1800mのデビュー戦は10番人気の12着、続く阪神での未勝利戦では13頭立ての13番人気(単勝260.1倍!)という屈辱的な評価をされた、絵に描いたような劣等生キャリアの持ち主だからだ。グレード制が導入された'84年以降、ダービー馬がその地位に就くまでに2ケタの人気に甘んじたのはサニーブライアン、ディープスカイ、エイシンフラッシュの3頭。しかし、デビュー当初は見向きもされなかったという点で、ワンアンドオンリーの異色ぶりは際立っている。

 逆境をはね返す力は、種牡馬ハーツクライ(父サンデーサイレンス)から受け継いだものに違いない。自身はダービーでキングカメハメハに水を空けられて2着。両前脚が素人でも指摘できるほど外向している欠点があったが、古馬になってから本格化し、有馬記念で当時神格化されていたディープインパクトを負かす金星をあげた名馬だった。父子をともに管理した橋口調教師は、「競馬を経験しながら、グイグイ成長していく逞しさが2頭の共通点」と証言した。

ウインバリアシオンにかかる宝塚記念制覇の期待。

 ハーツクライの血の力は、いまや世界中の注目の的だ。言うまでもなく、それは世界最高レイティングの評価を受けたジャスタウェイ(牡5歳、栗東・須貝尚介厩舎)の功績。この馬も昨秋の天皇賞を勝つまでは国内のトップではなかったのに、世界にも名が聞こえるジェンティルドンナをぶっちぎってからは凄い走りを連発。極悪馬場の安田記念まで制して、世界的な地位を確固たるものとした。この爆発的な成長力が、世界に注目されるハーツクライの血の最大の魅力だ。

 そのハーツクライの初年度産駒であるのがウインバリアシオン(牡6歳、栗東・松永昌博厩舎)。同期の三冠馬オルフェーヴルの引退とともに躍進。春の天皇賞はフェノーメノの経験値の高さにわずかに及ばなかったが、2000mを超えるカテゴリーならすでに現役トップクラスだ。屈腱炎によるブランクが長かったが、ビハインドをはね返す力は父に授かっている。宝塚記念(29日、阪神芝2200m)は主役候補での登場だ。

関連コラム

関連キーワード
ハーツクライ
ウインバリアシオン
ワンアンドオンリー
ジャスタウェイ
宝塚記念

ページトップ