オリンピックへの道BACK NUMBER

2020年東京五輪に出場できない!?
日本バスケット界、混乱の代償は。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/06/22 10:30

2020年東京五輪に出場できない!?日本バスケット界、混乱の代償は。<Number Web> photograph by Kyodo News

bjリーグとのプロ統合の難しさをインタビューで語っていたNBLの山谷拓志COO(最高執行責任者)。しかし状況はまったなし、日本バスケット界の命運はいかに。

 以前、日本のバスケットボール界についてこう書いたことがある。

「目標は同じ、見ているのは同じ方向のはずなのに、ばらばらの方角を向いているかのように相容れない」

 競技を盛り上げたい、発展させたい。もっと強い日本代表を創り上げたい――このような最低限の願いは共有されていると、これを書いた時は思っていた。だが今となっては、そんな最低限の目標すら、同じではないのかもしれないと感じている。

 そんなことはない、と反論があるかもしれない。だが、混乱しているとしか言い様のない状態に陥ってから、日本のバスケットボールは既に長い年月が経つ。そして今では、国際連盟から重大な「警告」が発せられている状態にある。

「プロ化」を巡り袂を分かった2つのリーグ。

 現在、日本には2つのバスケットボールのリーグが存在する。ナショナルバスケットボールリーグ(NBL)とbjリーグだ。2つに分かれた経緯をひとことで言えば、「バスケットボールのプロ化」をめぐる意見の相違と言ってよいだろう。

 もともと'90年代前半には、バスケットボール界でプロ化が意識されていた。だが、実業団などを中心に消極的な姿勢を持つチームも少なくなく、実現へ向けた動きに停滞感が漂う中、2004年に独自にプロリーグとして発足したのがbjリーグだった。一方のNBLは、もとからあったリーグ(JBL)が、運営のあり方や名称変更などを経て今日のかたちとなったものだ。

 その間には統合が打ち出されたこともあったが、歩み寄りは見られなかった。

 しかし、2つのリーグがそれぞれに存在して運営がなされ、しかも決して良好とは言えない関係にあるのは、日本におけるバスケットボールの地位などを考えれば、大きなマイナスであることは間違いない。

【次ページ】 このままでは、2020年の五輪に出場できない?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード

ページトップ