ブラジルW杯通信BACK NUMBER

「ブラジルで被害に遭わないために」
代表番記者が指南する現地観戦術。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/19 10:50

「ブラジルで被害に遭わないために」代表番記者が指南する現地観戦術。<Number Web> photograph by Getty Images

コートジボワール戦の行なわれたレシフェの会場には多くの日本人が詰めかけた。試合後に複数の日本人が強盗やひったくりの被害に遭ったことが報道されている。

 ブラジル北東の港町レシフェは、「ブラジルのベニス」と呼ばれているそうだ。

 冬の気配漂うサンパウロとは対照的に、高温多湿の常夏を感じさせる。

 コートジボワール戦の会場となるレシフェの空港に到着すると、バゲージルームの前に日本人観光客用の案内書が配布されていた。筆者も受け取ってみると、市内から遠く離れた試合会場アレナ・ぺルナンブーコまでのアクセスが書かれたものと、在ブラジル日本大使館による注意喚起の用紙があった。「大使館からの大切なお知らせ」というタイトルで始まる注意喚起の紙には、このように書かれてあった。

「ブラジルは世界的に見ても非常に高い頻度で一般犯罪が発生しています。ほとんどの犯行にけん銃が使用され、少しでも抵抗すると殺害される可能性もあります。レシフェ滞在中は以下の点に注意してください。

・多額の現金は持ち歩かず、夜間の外出は控える。
・路線バス、流しのタクシーは利用しない。
・強盗にあったら、(相手が)子供であっても絶対に抵抗せず、要求された金品を渡す際はゆっくりと取り出す。
・デモが発生したら速やかにその場から離れる。
・観戦は、置き引きに十分注意し、貴重品は肌身離さない。

ブラジルW杯の盛り上がりの影で、犯罪被害も。

今大会の試合が行われる12都市。日本代表のギリシャ戦はナタール、コロンビア戦はクイアバで行なわれる。 

 このレシフェはブラジルでも有数の危険な都市であり、点在するスラム街周辺では凶悪犯罪が頻発しているという。南アフリカW杯も治安が問題視されたが、このような用紙を目にした記憶はない。既にサンパウロで日本人が窃盗の被害にあう事件が増えていると、ワールドカップ観戦者向けの在ブラジル大使館、総領事館のサイトで警告されており、初戦の会場となるレシフェでも注意を呼びかける必要があったようだ。

 いつ自分が被害にあってもおかしくはない。ブラジルで旅をするうえで、自分自身、留意している点を記したいと思う。ほんの少しでも旅行者の参考になるのであれば、幸いである。

 昨年のコンフェデレーションズカップ、日本―イタリア戦で筆者は一度レシフェを訪れているが、スマートフォンを持ってホテルの外に出ようとしたら、大声で従業員に止められたことがある。スマホやカメラを出して歩いていると、ひったくりに狙われるから隠して歩いてくれと言われた。「高価なものは出して歩かない」が、ブラジルでは基本のようだ。

【次ページ】 スマホ、時計、靴など、高価なものは露出しない!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ブラジルW杯

ページトップ