田中将大vs.ダルビッシュ有、サイ・ヤング賞に近いのはどっち?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 2人の日本人投手が、MLBの舞台で大活躍しています。  8勝1敗、防御率2.06、奪三振88の田中将大。  5勝2敗、防御率2.0・・・続きを表示

●田中将大  ●ダルビッシュ有

1-15件を表示 / 全15

すべて| 田中将大| ダルビッシュ有|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • サイ・ヤング賞は、記者の投票できまるが、だいたいは心証が主になる。今年初めて鳴り物入りでメジャー挑戦して、勝ち続けた田中の方が、インパクトが大きかったのは明らかだ。
    前半戦のペースのまま、勝ちづづけることが条件であるが、というか、もしそれが実現できれば、24勝ペースなので、サイ・ヤング賞は田中の公算が高いことということは当然指摘できる。
    パワーピッチングの内容はダルビッシュの方が優れていて、圧倒的なピッチングをできるのはダルビッシュだが、安定して好成績を出している田中は脅威の新人としてメジャーでも認識されている。
    サイ・ヤング賞の候補が何か怪我しており、他の好投手がナリーグであることも有利だ。

    K_Kurnさん2014/06/04 14:17に投稿

    1
    そう思う!
  • 安定感で田中

    基本、最重要値は勝ち星+貯金数なわけだから
    負けない田中が有利なことは確か

    インパクトの面では、ダルビッシュのほうが上
    将来、完全試合を達成する確率は高いだろう
    ただ、それゆえ好不調の波が目立つ

    豪腕の象徴の賞なので、奪三振の比率も比較的
    高いが、田中のスプリットに手を出してくれて
    いる間は、一定の三振数は取れるだろう。

    不安なのは怪我くらいなものだろう。
    去年の黒田もそうだけど、一人で好投して貯金を
    作り続ける労力は半端ではないと思う。
    後半の失速だけは回避したいところ。

    kmcstartさん2014/06/07 11:04に投稿

    1
    そう思う!
  • 怖いもの知らずの1年目の方が、どんどん攻め込んでガンガン成績を上げられそう・・・
    ということで、田中投手に一票です。

    のりふうみさん2014/06/12 12:24に投稿

    1
    そう思う!
  • 相手を圧倒する投球ならば、間違いなくダルビッシュです。(完全試合やノーヒットノーランに迫る試合がありましたし)
    しかし、年間の成績、特に勝ち星が大きく左右するサイヤング賞ならば、マー君が近いのではないでしょうか?
    クオリティスタートは現時点では100%ですし、何よりも打線の援護に恵まれているのは「マー君 神の子 不思議な子」とノムさんから称されるだけのことはありますね。
    それに対してダルビッシュは、フィルダーが戦線離脱した打線、そして同地区に相性の良くないアスレチックスが同地区にいるというのがマイナス材料だと思います。

    わんすけさん2014/06/03 21:38に投稿

    0
    そう思う!
  • 現時点での成績からいけば、ダルビッシュ投手よりも田中投手の方がクオリティスタートや勝利数などでリードしているのは間違いないです。
    そして、打線の援護という点でもヤンキースの方がより望める可能性が高いと思います。

    しかし、田中投手はMLB1年目。中4日で投げ続けるというのは、高校時代や昨年のポストシーズンのような連投を経験済みとしても、相当に大変なはず。
    それに田中投手のピッチングは、ピンチが来たら「ギアを上げる」というのが多いような。ダルビッシュ投手の方が、打ち気をそらすというか、ギアを上げるだけでないピッチングで抑え込む感じがします。
    スプリットがあるとしても、先日のような雨の試合が運悪く当たるとしたら…と考えると、経験と言う点でダルビッシュ投手のほうに最後は一日の長があるのではないかと思います。

    するのは苦手見るのは得意さん2014/06/03 23:13に投稿

    0
    そう思う!
  • まだはえーよw

    と言いつつ。

    ダルさん、マサオ、の関係がここまでくるとは。
    ベタな考えだと師匠を追い抜くには師匠が持ってない賞をとるしかない。

    無敗記録は途切れたけど、20勝はしそうなペースだし、
    新人賞、サイヤング賞、MVPの三冠?とっても驚かないよ。

    ぬぃさん2014/06/04 02:20に投稿

    0
    そう思う!
  • さすがに先にMLBへ行った意地もあるし、ダルビッシュが奮起するのではないでしょうか?
    ただどちらも最高級の投手なので、ほんとうに甲乙つけがたい。。。
    もし、この二人の先発対決になったとしたら仕事休んででも観たいですね(笑)

    ナベさん2014/06/04 12:33に投稿

    0
    そう思う!
  • ダルビッシュは抜群のピッチングを見せることがあるが、大崩れしたり、寝違えで休むなど不安定なところがある。マー君の方は試合中に修正ができるし、フォアボールも少なく安定感が抜群。チーム内に黒田というお手本となるピッチャーもいるし、環境的にも恵まれているので。

    しあわせのおなかさん2014/06/04 14:30に投稿

    0
    そう思う!
  • ダルビッシュの場合、圧倒的なピッチングをするときもあれば、
    制球に悩まされて安定感を欠くこともありますが、田中将大に関しては本当に今年がメジャー一年目なのかと疑いたくなるぐらい制球が安定しています。
    このままのピッチングを続けることが出来れば大きく崩れることなく一年間活躍できると思います。
    イチローが、メジャー一年目で首位打者とMVP,、新人王などタイトルを総なめしたように田中将大にも一年目でタイトルとサイヤング賞をとってほしいと願っています。

    Seijiさん2014/06/04 23:14に投稿

    0
    そう思う!
  • 数字の勢いはありませんが、アメリカで2シーズン経験している事が活かされると思います。ダル投手の翌年に田中投手が受賞なんてことになったらいいな。と思います。

    たけまろさん2014/06/05 15:02に投稿

    0
    そう思う!
  • この2人より岩隈でしょ。

    イントニオ アノキさん2014/06/06 23:37に投稿

    0
    そう思う!
  • 現時点で数字(勝ち星・防御率・クオリティスタートなどの)は全て上だし、勢いと低迷しているチームでの貢献度を考えるとマー君の方が好意的に映るはず。シーズン終了までペナントレースは、まだ長いから一山二山あるだろうから、先の事は分からないが、シーズン終了時にダルビッシュが優勝に貢献していれば、当然結果は変わってくる。

    ogaさん2014/06/07 20:53に投稿

    0
    そう思う!
  • 今のところは田中に軍配が挙がる。勝利数はモチロンだが、アメリカではさらに重要なQS率が高いことがポイントとなると思われる。

    しゅいだしゃさん2014/06/09 20:55に投稿

    0
    そう思う!
  • 成績もさることながら持ってる男 マーくん
    ルーキーイヤーで取っちゃうでしょ?

    ozmalyonさん2014/06/11 00:19に投稿

    0
    そう思う!
  • リリーフが不安定なチームが多いので、長いイニング投げてくれることがかなりチームにとって重要なのだと思う。

    O・FACTORYさん2014/06/16 15:34に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ