沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

橋口調教師、ダービー初制覇の「涙」。
ワンアンドオンリーと追う新たな夢。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/06/02 11:50

橋口調教師、ダービー初制覇の「涙」。ワンアンドオンリーと追う新たな夢。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

2分24秒6でダービーを制したワンアンドオンリー。母の父タイキシャトルという血統から距離適性が不安視されていたが、杞憂に終わった。

「こういうときは泣いてもいいのかな」

 検量室前の「1」と刻印された、勝ち馬のための枠場で、橋口弘次郎調教師がつぶやいた――。

 14万人近い大観衆を集めて行なわれた第81回日本ダービー(6月1日、東京芝2400m、GI)を制したのは、3番人気に支持されたワンアンドオンリー(牡3歳、父ハーツクライ、栗東・橋口弘次郎厩舎)だった。

 鞍上の横山典弘は、2009年のロジユニヴァースにつづく2勝目。管理する橋口調教師は、1990年にツルマルミマタオーで初参戦して以来、現役最多の20頭目の出走馬で、ついに悲願のビッグタイトルを手中におさめた。

後方待機策から一転、好位につけたワンアンドオンリー。

 宣言どおりエキマエが逃げ、武豊のトーセンスターダムが2番手で、17頭が1コーナーに進入した。

 2馬身ほど後ろに、1番人気の蛯名正義・イスラボニータがつけた。横山のワンアンドオンリーは、それまでの後方待機策から一転して、イスラボニータをマークするような形で好位4、5番手の内につけた。

「間違いなくスローペースになると思っていました。きょうはなめらかに加速してくれましたね。脚を余して負けるのだけは嫌だったんです」

 横山はそう振り返る。

 しかし、前に行ったぶん馬がやる気になりすぎたのか、横山は道中、重心を後ろに置いて手綱をガチッと抑えていた。

「折り合いを欠いていたので、4コーナーでも、手応えがいいというより、無理に抑えているような感じだった」

 エキマエが故障のため脱落し、トーセンスターダムが先頭で最後の直線に入った。外からイスラボニータが並びかけ、そのすぐ後ろで横山は進路ができるのを待った。

「前に最高の馬がいて、あの馬が道をつくってくれるだろうと思っていた。あそこまで来たら、あとは意地のぶつかり合いです」

【次ページ】 ラスト400mからの、イスラボニータとの壮絶な叩き合い。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
ワンアンドオンリー
トーセンスターダム
武豊
横山典弘
エキマエ
イスラボニータ
蛯名正義
トゥザワールド
川田将雅
福永祐一
日本ダービー

ページトップ