ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

ボクシング興行を続けることで男は何を損なったのか?
~『浪速のロッキーを<捨てた>男』~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byRyo Suzuki

posted2014/06/01 10:30

ボクシング興行を続けることで男は何を損なったのか?~『浪速のロッキーを<捨てた>男』~<Number Web> photograph by Ryo Suzuki

『浪速のロッキーを<捨てた>男 稀代のプロモーター・津田博明の人生』浅沢英著 KADOKAWA 1700円+税

「必ず世界チャンピオンになれる、連続KOの物凄いボクサーがおるんです」

 それが、津田博明の売り込み文句だった。大阪の西成の下町で、タクシーの運転手をしながらボクシングジムを興し、のちに井岡弘樹、山口圭司、高山勝成という3人の世界チャンピオンを輩出したグリーンツダジムの創始者、津田博明。彼の評伝でありながら、ボクシングの裏側にある過酷な現実、そして、それを「プロモート」することが、どんな富やリスクや痛みを伴うのかをあぶり出す傑作が誕生した。

 津田博明をボクシングの檜舞台に連れ出したのは、さして期待されていなかった不器用なボクサー「浪速のロッキー」こと、赤井英和だった。そう、あなたが俳優として知っている彼である。

赤井の栄光と転落、それをプロモートした津田の葛藤。

 当初、津田が執心していたボクサーに逃げられる一方、線路脇の公園で津田が教えた左ジャブを武器にKO勝利を重ねる赤井。そんな彼のひたむきな姿が、様々な幸運を呼び込むことになる。支援者の登場、テレビ中継の成功、高まる赤井の人気。だが、一方でボクシング興行を続ける孤独と津田は正面から向き合わなければならなかった。

 連続KOの日本記録がかかった赤井の試合。訪れる世界戦という千載一遇のチャンス。そして、悲劇への転落。自分を取り巻く環境を、ボクシングで何とかしたいと足掻いた津田博明の葛藤は、ロマンという甘美では括り切れない。

 彼は何を代償にして、何を得たのだろうか?

関連コラム

ページトップ