濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

“最新型グレイシー”クロン、来襲。
格闘技復活への起爆剤となるか。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/05/30 10:40

“最新型グレイシー”クロン、来襲。格闘技復活への起爆剤となるか。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

ヒクソンと共に会見に登場したクロン(左)。グラップリング技術は折り紙付きだが、打撃技術は未知数。スタンドでの打ち合いも決して拒まなかった父のスピリットは継承されているだろうか。

 これほど取材陣が多い記者会見は久しぶりだった。5月26日に行なわれた、新イベント『REAL FIGHT CHAMPIONSHIP』の開催発表会見。格闘技メディアだけでなく、全国紙の記者やワイドショーのクルーも会場の高級ホテルを訪れていた。

 ジャンルの枠を超えた注目をもたらしたのは、世界で最も有名な、リビング・レジェンドともいうべき柔術家だ。

 ヒクソン・グレイシー。400戦無敗と謳われ、中井祐樹、高田延彦、船木誠勝らも敗れた、グレイシー一族を代表する男である。『REAL FIGHT CHAMPIONSHIP』旗揚げ戦では、ヒクソンの息子であるクロンがMMAデビューを果たすことが決定。この記者会見にも、クロンとともにヒクソンが出席した。

クロン・グレイシー獲得によってイベント開催が決定。

『REAL FIGHT CHAMPIONSHIP』は、もともと山田重孝代表が中国で開催してきたイベントをバージョンアップしたもの。第1回大会は年内に関東の5000~10000人規模の会場で開催される予定だという。

 山田代表がビッグイベント開催を決めたのも、クロンを“獲得”できたことがきっかけだったようだ。クロンは、すでに柔術の世界ではビッグネーム。グラップリング(打撃なし)の世界トーナメントであるアブダビ・コンバットにおいてオール一本勝ちで優勝を果たすなど、組み技での実力は折り紙付きだ。昨年6月にはグラップリングのワンマッチで青木真也と対戦し、フロントチョークでタップを奪ってもいる。

 クロンは、自分が受け継ごうとしているものの重さを充分に理解している。いわく「ロールモデルである父を超えるのが自分の目標。でもそれは父より有名になるということではありません。一族を代表する選手として強くなりたい」。

【次ページ】 ヒクソンが「能力は自分よりもあるんじゃないかな」。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ヒクソン・グレイシー
山田重孝
ホイス・グレイシー
須藤元気
REAL FIGHT CHAMPIONSHIP
UFC

ページトップ