日本代表、ワントップのファーストチョイスは?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 壮行試合も始まり、いよいよブラジルW杯が間近に迫ってきました。  ザッケローニ監督率いる日本代表も、いままさに総仕上げに入ってい・・・続きを表示

●大久保嘉人
●大迫勇也
●岡崎慎司
●柿谷曜一朗
●本田圭佑
●その他

1-10件を表示 / 全56

すべて| 大久保嘉人| 大迫勇也| 岡崎慎司| 柿谷曜一朗| 本田圭佑| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 岡崎を推す理由は、以下の3つ。
    ・ドイツで結果を残した(15ゴール)。
    ・ザックジャパンでも、1トップでの経験がある。
    ・前線から守備が出来る。
    点が欲しい時は、大久保をスーパーサブ的に起用すれば良い。

    ちょくさん2014/05/27 20:40に投稿

    5
    そう思う!
  • この中で一番前田にキャラクターが近い。前田がワントップにいた時ぐこのチームは一番調子がよかった。

    みっちーさん2014/05/28 00:19に投稿

    5
    そう思う!
  • まず岡崎の代表ワントップはどう考えても無理かつ、代表に、そして「岡崎自身」にあってない。
    マインツのような中盤を飛ばして前線にパスを送り込む「バクチ」のような放り込みを続ければ必然的にボールロストが増えるからディフェンスが火の車になるし、ただトップにおいてもコンフェデのようにハナからCBにマークされた状態で動いても、岡崎のよさは絶対に発揮されない。

    代表のワントップはボール処理に優れた選手とボールを持ってから相手の逆を取り、2列目との連携に加われるだけのテクニックと優れたシュート技術を兼備した選手がなるべき。
    大迫と柿谷がその筆頭でこの二人の供用でいい。どちらかに固定する必要がない、よくポストプレーが大事だといって大迫が挙げられるが、ではなんのためにボールを大事にするための後方からのビルドアップはザックは磨いてきたのか?って話
    今の代表でポストプレーは全然マストじゃない。

    ウェスタン炎さん2014/05/29 07:06に投稿

    5
    そう思う!
  • 大迫勇也を推す。理由は消去法。

    大久保は1.5列目タイプ。4-2-3-1の「3」の人材とザックは考えていると思う。
    岡崎は飛び出しがよく、サイドに配置しても自分でトップにスライドできる選手。マインツの試合をみるに、トップ下を置かないシステムでショートカウンターを主体にするなら、岡崎1トップでも機能すると思うが、日本の現在のスタイルはそうではない。
    柿谷は不調である。もともと裏を狙うタイプではあるが、試合から消えてる時間が長く、少ないチャンスも決めきれないとなると、先発起用は厳しい。
    本田のFW起用は非常に守備的である。ザックジャパンがそこまで守備的にいくとは思わない。

    ということで、残った大迫がスタメンである。

    K_Kurnさん2014/05/27 18:01に投稿

    4
    そう思う!
  • このメンバーの中で1トップを選ぶなら、岡崎選手でしょうか。
    ここに来ても波に乗り切れていない大迫・柿谷両選手よりは、調子も良く勢いのある岡崎選手のほうがゴールが近いような気がします。
    あるいは、大久保選手と2列目を入れ替わりながら…というのも面白いかも。

    しかしこうやって見ると、前田選手がメンバーにいたら岡崎・大久保両選手の飛び出しも活かした攻撃になっただろうなあ、と考えてしまいます。

    するのは苦手見るのは得意さん2014/05/27 22:52に投稿

    4
    そう思う!
  • 今の調子と得点感覚で見ると岡崎でしょう。
    そしてそれを期待します。
    けど、その岡崎を1トップで活かそうとするとボールを保持したがる本田が足枷になるでしょうね。岡崎が躍動したマインツの素早いボール回しやショートカウンターができないと見ます。

    ザッケローニはたとえ不調であっても本田と心中するつもりでしょうし、トゥヘルのような戦術も取れないので期待薄ですけどね。

    K4NUさん2014/05/28 10:53に投稿

    4
    そう思う!
  • 本大会を直前に控えた今、ワントップに据える選手を選びます。でしたら岡崎一択です。

    現在のワントップは柿谷ですが、フィットしていないように見える。得点を挙げたベルギー戦でさえそうは見えなかった。ザック戦術との相性は悪くないと思うので、使い続ければ結果は出ると思う。なんなら、柿谷と本田のポジションを逆にするのも一つの手かと思う。

    柿谷がフィットしていないということでの急造ワントップに相応しいのは岡崎しかいない。
    岡崎には主力との意思疎通がある点、単純な得点力と世界レベルでの経験値がずば抜けている点。この2点は他の候補者にない。本大会で対戦する3カ国のDFは、共にスピードがハンパない。ギリシャは鈍重なイメージがあるが、パパスタソプーロスやパパドプーロスのスピードはリベリ封殺レベル。このような最速DFとのスピード勝負は分が悪いが、それを出し抜く飛び出しのセンスとインテリジェンスを感じる。

    酢酸ナトリウムさん2014/05/28 15:43に投稿

    4
    そう思う!
  • 消去法で行くと本田しかいない。
    香川と本田を共存させることを考えると本田トップ下、香川をサイドだと香川の持ち味が死んでしまう。
    本田のキープ力で押し上げてサイドの岡崎や大久保の飛び出しを狙う形になるかと。
    大迫はサブで使う形じゃないですかね。
    柿谷は潜在能力ではFWの中では一番だと思うが、不調ぶりから代表に残っているのが不思議なレベル、酷な言い方ですがほとんど出場機会はないかと。

    フィリップさん2014/05/31 17:10に投稿

    3
    そう思う!
  • 他に見当たらないからの消去法
    たらればは良くないが前田が適任者。
    あの頃の代表が一番コンビネーションもあって強かったのではないでしょうか。裏に飛び出しの上手い選手ばかりを前に集めた感があり、岡崎しかり、大久保、柿谷 ワントップのフォーメーションからこのメンバーで組むのならトップは大迫 トップ下は香川 左が大久保、右に岡崎 本田は1戦目の先発から外す。もしくはボランチ。

    ていく417さん2014/05/29 17:08に投稿

    3
    そう思う!
  • 周りと連携できる、
    いざと言う時を察知し守備もできる、
    大迫、柿谷選手。
    溜めを重視するなら大迫選手ですが、
    やはり、いつシュートするのか予測しにくい柿谷選手が、
    ファーストチョイス。
    大久保選手は、周りの協力あって始めて生きるタイプなのに、
    自分で切り開こうとしすぎます。
    また、シュートする気配がわかるので、いつも相手にボールあたってしまいます。
    キプロス戦でも変わりませんでしたので、
    やはり、相手が疲れた時が出番でないでしょうか。

    yukioさん2014/05/31 20:48に投稿

    2
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ