F1ピットストップBACK NUMBER

どちらがセナでプロストなのか?
メルセデスで勃発したチーム内闘争。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2014/05/27 11:30

どちらがセナでプロストなのか?メルセデスで勃発したチーム内闘争。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

セナとプロストがマクラーレン・ホンダで競いあったのは1988年からの2年間。ハミルトン(左)とロズベルグは同じ轍を踏むのか?

 シャンパンの香りが漂うメルセデスAMGのガレージの前で、にこやかに記者からの質問に答えていたマネージングディレクターのトト・ウォルフの顔が、こわばった瞬間があった。ウォルフはでチームの代表的存在で、ロス・ブラウンが抜けた今年、メディアの対応に忙しい。そのウォルフが鋭い目つきになったのは、イギリス人記者からのこんな質問だった。

「昨日の予選後のミーティングでは、ハミルトンとロズベルグは同席しなかったそうですね」

 今年のモナコGPは、土曜日に行なわれた予選で、メルセデスAMGの間でちょっとした事件が起きた。それはQ3の最後のアタックで暫定ポールポジションに立っていたニコ・ロズベルグが、ミラボーというコーナーで止まりきれずにエスケープゾーンにマシンを止めてしまったのである。そのため、その区間はイエローフラッグが出されて、皆タイムアップできずに予選が終了した。

ついに明らかになった、ハミルトンとロズベルグの不和。

 事態を重く見たレース審議委員会は、ロズベルグとメルセデスAMGのスタッフを呼び出し、調査を行った。しかし、走行データからは故意に止まったという証拠は発見されず、ロズベルグのポールポジションが確定した。しかし、チームメートのルイス・ハミルトンは、納得できなかった。

 予選後、チームは日曜日に向けてミーティングを開いたが、ロズベルグが部屋に入ってくると、ハミルトンが出て行ってしまった。いつまで経っても戻ってこないので、ロズベルグとだけでミーティングを始め、ほどなく終了。ロズベルグが部屋を出て行くと、ようやくハミルトンが帰ってきたという。

 冒頭の記者の質問は、このミーティングのことだった。ウォルフは「あれは、ルイスがちょっとトイレに行っていただけのことだよ」と作り笑いを浮かべたが、ウォルフを囲んでいる記者たちに、そんな言い訳は通用しなかった。なぜなら、そのとき、そこで起きていた状況が、まさに土曜日のミーティング状態だったからである。

【次ページ】 ハミルトンが仕掛けた心理戦の言葉とは?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ルイス・ハミルトン
ニコ・ロズベルグ
メルセデスAMG
アイルトン・セナ
アラン・プロスト
モナコGP

ページトップ