沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

世界中の注目が集まるオークス。
“絶対的1強”ハープスターは輝くか。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/05/24 08:00

世界中の注目が集まるオークス。“絶対的1強”ハープスターは輝くか。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

絶対的な人気を背負うであろうハープスターとその鞍上の川田将雅。初となる東京、初となる2400mでどんなレースを見せるのだろうか。

 先々週のNHKマイルカップ、先週のヴィクトリアマイルと、東京芝コースを舞台とするGIは2週連続逃げ切りで決着した。

 それでも今週のオークスは、「世代最強」の呼び声高い「スーパー女子」が、後方から一気に差し切ってしまうのだろうか。

 その「スーパー女子」とは、桜花賞で最後方から大外を回り、17頭をごぼう抜きにしたハープスター(父ディープインパクト、栗東・松田博資厩舎)である。

 デビュー2戦目の新潟2歳ステークスで、のちに皐月賞馬となるイスラボニータを3馬身突き放した。つづく阪神ジュベナイルフィリーズこそスムーズなレースができず2着に敗れたが、今年に入ってチューリップ賞と桜花賞をとてつもなく強い競馬で連勝。

ダービー参戦を取りやめた理由とは。

 一時期話題になったダービー参戦をとりやめたのは、同馬主(キャロットファーム)のトゥザワールドと勝ち分けることを狙ったためか。それとも、最大目標は1次登録を済ませた凱旋門賞だから、今は無理せず確実に獲れそうなタイトルに狙いを定めた、といったところか。

 阪神競馬場のコースが改修され、桜花賞が直線の長い外回りコースで行われるようになったのは2007年からだった。以降、桜花賞馬のオークスでの成績は、不出走-3-1-1-4-1-4と安定している。阪神芝外回り1600mで強い馬は、東京芝2400mでも強いのだ。両方勝った3頭は、ブエナビスタ、アパパネ、ジェンティルドンナ。ハープスターはこれら3頭の名牝の域に達しているのか――と、レースぶりを振り返ってみると、達する達しないというレベルではなく、超えていると言ってよさそうだ。

 桜花賞のときの当コラムとまったく同じ結論になるが、よほどひどい騎乗ミスかアクシデントでもない限り、負けないだろう。

【次ページ】 ハープスターを追う、桜花賞上位組。

1 2 3 NEXT
ハープスター
川田将雅
ヌーヴォレコルト
フォーエバーモア
バウンスシャッセ
マイネグレヴィル

ページトップ