ブラジルW杯通信BACK NUMBER

バルデラマ時代のドラマが大ヒット!?
コロンビア「黄金期」の甘美な記憶。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/05/20 16:30

バルデラマ時代のドラマが大ヒット!?コロンビア「黄金期」の甘美な記憶。<Number Web> photograph by Getty Images

「最強チーム」で挑んだ1994年のアメリカW杯、バルデラマは10番を背負い国民に夢を与えた。ペケルマン現監督は「最強」を塗り替えることができるか。

 20年前に見た夢をコロンビア国民は忘れていない。

 '90年代の初め、見た目も技も派手で個性豊かな男たちが“カフェテロス(=コロンビア代表の愛称)”に集結した。3原色のユニフォームを着た彼らは、鮮烈かつ濃厚なプレーで、彼の国特産のコーヒーのように人びとを魅了した。

 型破りなのに優雅だった。金色の爆発ヘアに髭モジャの司令塔バルデラマ。褐色の快速FWアスプリージャが人智を超えた脚力を披露すれば、ゴールマウスには重力を無視して飛び跳ね回るGKイギータがいた。ひと目見たら忘れられない。

 昨年の夏、放映が開始された連続TVドラマ『ラ・セレクシオン』の主役は彼らだった。

 主力選手たちの群像劇として、“カフェテロス”の黄金時代を描いた全78話のドラマは、1話あたりの制作費が15万ユーロ弱という低予算にも関わらず、イギータらを初めとする当時の代表選手たちの全面協力や、身体作りと練習に2カ月を費やした俳優たちの奮闘もあって、空前の大ヒットを記録した。

 人びとは、伝説のチームが躍動する姿に毎回TV画面へ釘付けとなり、異例の平均視聴者数900万人という数字を叩き出して、シリーズは大成功を収めた。

アルゼンチンを破った「93.9.5」の甘美な記憶。

 ドラマのハイライトは、コロンビア代表史上ベストゲームとされる「93.9.5」決戦だった。

 '94年アメリカW杯の南米グループ予選首位通過をかけたアルゼンチンとの直接対決。代表監督フランシスコ・マトゥラナに率いられたコロンビアは、敵地ブエノスアイレスでマラドーナ擁するアルゼンチンを5-0で粉砕、大勝利を挙げたのだ。

 国民の熱狂は頂点に達した。

 翌年、“カフェテロス”は北米大陸に勇んで乗り込んだが、本大会ではあっさりグループリーグで敗退した。それでも、国民の記憶は汚されることなく美しいまま、今も色褪せない。

【次ページ】 歴戦の名将が語る、現チームへの期待感。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
カルロス・バルデラマ
ラダメル・ファルカオ
ブラジルW杯
サッカーW杯

ページトップ