プレミアリーグの時間BACK NUMBER

リーグ史上最高のシーズンの幕引き。
'13-'14プレミアベストイレブン発表。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/05/16 10:30

リーグ史上最高のシーズンの幕引き。'13-'14プレミアベストイレブン発表。<Number Web> photograph by Getty Images

最終節ホームでウェストハムに2-0で勝利し、優勝を決めたマンC。総合力でライバルたちを一歩上回った。

 5月11日、マンチェスター・シティが王座奪回を実現して、プレミアリーグの2013-'14シーズンが幕を閉じた。2位リバプールとの差は僅か2ポイント。4月後半までは、4ポイント差で3位に終わったチェルシーを含む三つ巴の優勝争いが展開された。

 タイトルレースで最も長く首位を走ったのは、結果的には4位だが、3月まで優勝戦線に留まっていたアーセナルだった。最後までもつれた今季優勝争いは、プレミア史上でも「ベスト」の呼び声が高い。

 そこで今回は、「ベスト」の称号に相応しいイレブンを選びながらシーズンを振り返ってみたい。便宜上のシステムは、2トップを好んだ優勝監督、マヌエル・ペジェグリーニに敬意を表して4-4-2。さらに各ラインに1人、特筆に値するベストイレブン落選者をサブとして挙げさせてもらう。

GKはマンCのジョー・ハートに。

GK ジョー・ハート

 GKは今季王者の守護神ジョー・ハートだ。無失点試合数では、チェルシーのペトル・チェフとアーセナルのボイチェフ・シュチェスニに劣る。だが、前半戦でのベンチ降格から復活した精神力を加味して評価した。

 ハートは、昨年10月のチェルシー戦(1-2)で不用意に飛び出して勝ち越し点を献上した後、約2カ月間もリーグ戦でのゴールマウスをコステル・パンティリモンに明け渡すはめになった。W杯を控え、巷ではイングランド代表でのナンバー1の座も危ういと騒がれた。

 同月はチームとしても7位まで順位を下げ、新監督の手腕が疑問視された時期でもある。しかし、冷静沈着なペジェグリーニ率いるマンCは動揺せず。着実に盛り返して2位で年を越し、年末に正GKとして復活したハートも、後半戦はノーミスに近いパフォーマンスを続けた。5月3日のエバートン戦(3-2)、敵の同点ゴールを阻止した片手セーブは優勝争いにおける重要な1本だった。

 セーブの意義では、クリスタルパレスのフリアン・スペローニが、3月末のチェルシー戦(1-0)で披露した1本も見逃せない。エデン・アザールとの1対1を制したビッグセーブが、降格候補をこの試合での大金星に始まる5連勝への軌道に乗せたと言ってもよい。

 但しベストイレブンの控えGKには、最下位で降格したカーディフのデイビッド・マーシャルを選びたい。頼りない最終ラインの背後で記録したセーブ数は、今季プレミアで断トツ最多の153。反応抜群の“リアクション・セーブ”の数々がなければ、チームの失点数は19位で降格したフルアムの今季最多85点を軽く超えていたはずで、残留に微かな望みを残して5月を迎えることなど不可能だった。

【次ページ】 CBコンビは堅守の2チームから。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
マンチェスター・シティ
マヌエル・ペジェグリーニ
ジョー・ハート
バンサン・コンパニ
ギャリー・ケーヒル
マルティン・デミチェリス
ヤヤ・トゥーレ
スティーブン・ジェラード
アダム・ララーナ
アーロン・ラムジー
ウェイン・ルーニー
ダニエル・スタリッジ
ルイス・スアレス
リバプール
デイビッド・マーシャル
ルーク・ショー

ページトップ