サッカー実況、好きなのは「理論」派?「熱血」派?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

  連日、緊迫した戦いが繰り広げられているサッカーアジア杯。お茶の間でサッカー中継を楽しむ多くの人々にとって、試合内容そのものと共に、テレビの実況もまた観戦の楽しみを大きく左右する要素ではないでしょうか。

  冷静に状況を分析・解説していく「理論」派の実況もあれば、感情を前面に押し出して盛り上げていく「熱血」派の実況もあります。

  あなたはどちらの中継でサッカー観戦したいですか?

  ●「理論」派
  ●「熱血」派

1-20件を表示 / 全89

すべて| 「理論」派| 「熱血」派|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 二択なのでとりあえず理論派とはしますが・・・実況ですか? 解説ですか?
    あと両チーム平等に扱うべきJリーグや天皇杯、高校サッカーと、日本贔屓の話が出来る代表戦では、異なる中継になると思います。

    基本的に実況は目の前で起こっていること的確に、解説はその背景をわかり易く伝えてほしいと思います。
    Jリーグなどでは贔屓のチーム以外のことはあまり知らないので、理論的な解説がありがたいです。
    高校サッカーでは、強豪や逸材を持ち上げて、感情的になりすぎるきらいがあるように思います。両チームのサポーターが見てることを理解して、もう少し平等にお願いしたいです。

    代表戦は熱い中継が好みですが、実況と解説でバランスをとってもらいたいです。
    実況と解説両方が仕事を忘れて試合にのめり込んで、「あ~!」と騒いでいるとイライラします。
    茶の間の我々に「魅せる」のがプロの仕事だということを、肝に銘じてほしいです。

    もっとごーさん2011/01/20 10:47に投稿

    30
    そう思う!
  • 熱血派はウルサイだけの場合が多い…

    夢が好き!!!!!さん2011/01/20 02:13に投稿

    29
    そう思う!
  • 原博美さんのキレ味があり、スパッと言い切るコメントが好き。

    「副音声で会場の音だけを拾う」

    合わない解説者の場合、いつもこの機能があればいいのになぁと思います。

    周ちゃんさん2011/01/20 10:29に投稿

    25
    そう思う!
  • サッカーに限らずスポーツ中継全体に言えますが、落ち着いて実況してくれる理論派が好きです。
    好みもありますが年末年始のスポーツ中継等を見ていると民放よりNHKが安心して見ていられるように感じました。

    伊藤 克也さん2011/01/20 07:43に投稿

    20
    そう思う!
  •  どっちかというと理論派で。
     実況は状況を正確に伝えてほしいから。まぁ、ビッグゲームであれば実況する方も興奮度は上がるので、最初から熱血であおる方よりも適度な興奮になって聞きやすい。
     最近は極度の熱血派ってきかないような気もするけど。それよりタレントのゲストが興奮しすぎるのがいただけない。

    たったこさん2011/01/20 10:16に投稿

    19
    そう思う!
  • 理論派ですね。

    というか、「過度な実況は不要」派です。
    同じシュートシーンを何度も何度も繰り返して現在のプレイ状況がわからなくなったり、主要選手のみをフィーチャーするのは「サッカーの試合」を見たい時、邪魔でしかないです。「サッカー選手のプレイ」が見たい人にはいいのかもしれませんが、そういうのはニュースのダイジェストとかで見れるし。

    それよりも、攻撃の起点だったり、オフザボールでの駆け引きなど、ぱっと見では分かりづらい所を要所で解説してくれたほうが、新しい発見ができてより楽しめると思う。

    具体的にいうと、民放の無理やりな盛り上げには飽き飽き・・・といったところでしょうか。

    まあまったくしゃべらないのも問題だとは思いますが・・・。

    falissさん2011/01/20 16:30に投稿

    18
    そう思う!
  • 知識の裏付けがある熱血派は嫌いじゃないけど、解説者が言ったことを何度も同じことを繰り返す人が多いし、競技や選手に関する知識が浅いまま、実況に臨んでいる感じがする。全体的に準備不足な感じがして、仕事としてどーなの?と思ってしまうことが多々あり。人にはよるので、一概には言えませんけど、熱血派を前面に出して盛り上げようとする人はあまり好きではない。無理にしゃべらなくても、黙っている時間があってもいいんだよ?って、たしなめたくなる。

    個人的には、理論派が所謂しびれるゲームで、展開によって熱くなったり、絶句したりという感じが好きです。

    shigeeekiさん2011/01/20 02:54に投稿

    16
    そう思う!
  • 特に一人でテレビ観戦をしていると、
    松木さんのような熱血派のおかげで楽しく盛り上がれる。
    特にタイトルが懸かる試合等は、冷静に分析されるよりも
    一緒に盛り上がった方が楽しめる。
    分析は、試合後にWeb上に山ほどでてくるし。

    いんべさん2011/01/20 08:52に投稿

    15
    そう思う!
  • ちょっと違和感があるのが、実況が理論派か熱血派というより
    解説が・・・な気もするのですがまあいいか。

    最近のスポーツ実況において思うのが、ラジオならともかく
    TVで映像がでてるのに無駄に盛り上げようとしてるのが
    見て取れ、逆にこっちはしらけてしまう。

    サッカーの実況は余程のシーンでないかぎり
    実況は淡々とボールホルダーの名前を言っていれば良いし
    試合前やハーフタイムにでも言えば良いようなエピソード話を
    ねじ込む人もいるけどこれも邪魔。

    ただW杯とその予選だけは熱血でもいいかな。

    ktさん2011/01/20 10:49に投稿

    15
    そう思う!
  • 根っからのサッカー好きで長年サッカーにかかわって生きていますので、試合も真剣なまなざしで見ています。
    そこへ、知恵のない程度の低い絶叫だとか、意味のない審判への文句とか聞かされても不快になるだけです。
    自分個人としては、局面、局面でのプレーの分析を的確に指摘できる解説を望んでいます。事実プレミアリーグの解説なんかを聞いていると、なぜこの点は生まれたのか、どうしてこんなに対戦相手同士の力の差があるのかなど、試合中でも具体的に伝えています。そして、サッカー番組の分析力もかなりのレベルの高さです。
    熱血派が結果的に多くなり、試合分析を一般視聴者がそれほど望まないようだと、日本のサッカーレベルはまだまだ欧州と比べても低いところにあると言う結果を示すことになる気がします。

    hilo-kawiさん2011/01/20 19:23に投稿

    13
    そう思う!
  • 理論派だからといって抑揚が無いワケでも、熱血派だとしても戦術解説をしないワケでもない。 ここ10年ほど、極端な人はあまり採用されていないと思う。
    「実況」という役割は、今起きていることを伝えること。TVで観ていても分からないことを、まるでスタジアムやピッチ脇で観ているかのように視聴者に教えてくれること。
    ただスタジアムの興奮ぶりを伝えるだけなら、適切な集音マイクでHD放送に載せれば、およそ伝わる。それは臨場感というもので、ゲームの状況そのものを教えてくれる訳ではない。野球なら、ボックスシートで聴きたいのはどちらか?眼前の臨場感ではなく、理論的な解説を知りたいことと同じ。

    余談だが、最近はITによって、様々な解説の可能性がある。水泳・ゴルフ・野球・・・サッカーもプレー中の映像にCGを組み合わせ、「ここにスペースがある」とリアル解説してみるのもいい。せっかく地デジ化されたのだから。

    strike-2さん2011/01/20 08:46に投稿

    12
    そう思う!
  • すごい試合になりそうとかで録画して保存するものは理論派な岡田さんとかがいいですが、代表戦とかなんでもないリーグ戦のように一度みたらOKなものを見るときは熱血派で楽しくみたいかなぁと。
    前後半合わせると90分になるんで話がうまい理論派でないと最後まで実況を楽しめず、下手だったりするとすぐに音声切って音楽かけながらみちゃうので好き嫌いを超えているかいらないかになっちゃいます。それに比べて、熱血派はまあテンションだけかもしれないけどたまに笑えるし聞いとくかーって思えます。
    なので、いい実況者が少ない今だと誰がやっててもそれなりに楽しめる熱血派で!

    トシさん2011/01/20 08:55に投稿

    12
    そう思う!
  • お題は「実況」ですが、「理論か熱血か」となると解説の方だと思うので、こちらの話で。

    私が好きなのは「理論をベースに、熱血のテイストを加えた解説」です。熱血だけでは中身が希薄ですし(野球で言えば金田や川藤)、理論だけではやや愛情に欠けます(野球では広岡や江川)。

    いい例が、2002年W杯日韓大会での岡田武史さんの総合解説。岡田さんはこの大会で台風の目になったセネガルを評して、「セネガルのサッカーは見ていてすごく面白いですよね。中盤で抜かれたり裏を取られたりしても、セネガルの選手はスピードがあるから、後ろからヒョゴーッて追っついちゃうんですよ。するとそれを見て観客がものすごく沸くんです」と楽しそうに語っていました。サッカーに対する深い愛情をひしひしと感じさせる、いいコメントでしたね。

    技術解説や状況解説をベースに、深い愛情に根ざした「アツさ」を見せる。そういう解説が聞きたいです。

    Dukepanさん2011/01/20 11:04に投稿

    12
    そう思う!
  • となりの席のうるさいおじさんみたいな声はいらない。
    アナウンサーに名前を呼ばれたときだけ質問に答えて、
    それ以外は「オー」とか「アー」とか驚いているだけなのは、解説とは言わない。
    ラジオじゃないんだから、観ていればわかる実況もいらない。

    それよりも、画面に映っていない選手の動きとその理由が知りたい。
    選手交代の時だけでなく、細かいポジションチェンジがあった時等にも詳しく教えてほしい。
    つまり現地にいなければわかり得ない情報を、少しでも早く、的確に伝えるべきだと思う。
    そして、両チームの攻撃と守備における意図を、時間の経過と共に合理的に「解説」してほしい。
    私はただのサッカー好きな素人なので、トップレベルのサッカーを経験された方ならではの視点で、その場、その時の状況を伝えていただきたいです。

    りゅうさん2011/01/20 11:19に投稿

    12
    そう思う!
  • やかましいのは嫌いです。

    テレビ観戦はもっぱら野球ですが基本的には同じ。アナウンサーの方は盛り上がりどころをきっちりつかんでメリハリのある実況を望みます。特別歓喜するのは代表戦の得点シーンと大勝利の瞬間ぐらいでいいと思うのです。

    野球中継ですが、昔から某局のGイアンツよりの実況に辟易していました。

    松井打ったぁぁぁぁ!大きい!大きい!大きい!
    …とレフトが少し下がってキャッチ。

    とか。熱血というよりバカ騒ぎといった印象を受けたものです。

    taroxさん2011/01/20 17:24に投稿

    11
    そう思う!
  • 実況される方に求めるのは、「邪魔しないでくれ」という事に尽きます。日本のテレビ局だと「熱血派」=「日本応援実況」というイメージが強く、そういう一方的な実況は副音声で流してくれれば良いです。落ち着いて解説の方と共にプレーを説明していただきたく思います。

    ますさん2011/01/20 10:37に投稿

    10
    そう思う!
  • まぁ、サッカーを見てるときは、試合の内容の全体を見たいので、
    理論的に解説してくれるとありがたいです。
    個人的には名波さんの分析が細かい部分を見ているので、
    わかりやすいです。

    レモンライムミントさん2011/01/20 12:58に投稿

    10
    そう思う!
  • ゴール連呼、セクハラ一派。
    熱血派とは、テンションが合わなくうるさく感じる。
    解説のテンションが変なときがあって、実況だけに原因はないが。
    他に選手の背景を元に、実況が作ったストーリーに引き込もうとするケースも面倒くさい。
    今動いている試合に、集中したい。
    危ない時間も、集中が必要だの、聞かなくてもいい。

    46さん2011/01/20 02:51に投稿

    8
    そう思う!
  • 「熱血派」は、うるさいだけでまったく中身がない話ばかりしている。この傾向は民放全般について言えることである。

    また、「熱血派」には、ルールをわかっていない方が非常に多い。いまだに「キーパーチャージ」などという言葉が出てくる。特にアナウンサーはまったくの不勉強。

    Yasuさん2011/01/20 08:37に投稿

    8
    そう思う!
  • 「熱血」派の解説はテレビのボリュームを下げてみます。
    実況スタイルだとは思いますが、放送時間(特に深夜)を考えながら声の大きさ位はコントロールして欲しいなぁー!

    yujiさん2011/01/20 13:32に投稿

    8
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ