Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<再録・独占インタビュー> アラン・プロスト、アイルトン・セナを語る。 「美しきライバルは永久に」 

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph byPaul-Henri Cahier

posted2014/05/01 11:50

「アイルトンのことを今はまだ話せない。もう少し時間が必要なんだ」
'94年のモナコでプロストはこう答えた。それから3カ月――。
ホッケンハイムのルノーのモーターホームで彼は語ってくれた。
時には涙を堪えながら行なわれたインタビューを再録する。

1994年5月1日、アイルトン・セナの死から20年が経ちます。
好評発売中のNumber852号より、アラン・プロストの
インタビュー再録記事を一部公開します。

――アイルトン・セナが亡くなってから3カ月が過ぎましたが、今でも日常の生活の中で、しばしば彼を思い出すことがありますか?

「キャリアのすべてとは言わないまでも、僕はそのほとんど、F1での10年間を、コース上のライバルとして、彼とともに過ごしてきた。彼が亡くなったことは、すべての人々に厳しい衝撃を与えたと思うけれど、3カ月経った今でも、ほとんど毎日、彼のことを考えているのが事実だ。フォーミュラ1=フェラーリ、あるいは、=他の偉大なドライバー、と考える人がいるのと同じように、僕にとっては今でも、フォーミュラ1=セナなんだ。僕個人にとって、セナは、フォーミュラ1を象徴する肖像であり続けるから」

――特定の状況で彼を思い出すのではなく、彼は今も、常にそこにいるということでしょうか?

「うん、今もまだ、彼を思い出させることはたくさんあるからね。昨日も、ホッケンハイムの予選の結果を見たり、それについて話している人々の言葉を聞いたりして“彼のことをどんどん忘れていってる”と思った。たとえ、毎日のように彼のことを考える人間がいるとしても、たしかに、少し早く忘れすぎる傾向はあると思う。でも僕は、今も彼のことをすごく思い出すんだ。様々なことが、彼を思い出させるから」

メルセデス190のエキシビションで、初めて出会った。

――あなたがアイルトンと初めて出会ったのは、彼がF1にデビューしてからのことでしょうか?

「本当の意味で彼に会ったのは、彼がF1にデビューした直後だった。ニュルブルクリンクで、メルセデス190のエキシビション・レースがあった時、たぶん、'84年か'85年のことだったと思う。たしか彼はすでにF1で走っていたけれど、それより前に彼と出会ったことはなかった」

――それ以前に、たとえばイギリスF3で走っていた時の彼のレースや、'83年の末にマクラーレンをテストした時のドライビングは、見たことがありませんでしたか?

「マクラーレン? ウイリアムズじゃなくて?」

――'83年末のマクラーレンのテストです。ウイリアムズをテストしたのは、'83年の7月でした。

「本当? 彼が'83年にマクラーレンをテストしたことは、まったく知らなかったよ。F1にやって来る若いドライバーはたくさんいるし、僕たちは彼らに会ったり、雑誌やテレビの紹介を見ながら、少し彼らに注目するけれど、F1デビュー前のアイルトンで僕が覚えているのは、カート時代の彼だね。僕もカート出身だし、周りにはカートを追い続けている人たちもいたから、すごく才能のあるドライバーとして、彼の名前が頻繁に話題になっていたのは覚えているよ。でも、その後のフォーミュラ・フォードやフォーミュラ3の時代には、少し、彼を見失った感じだったね。だから、カート時代の後は、彼がF1にデビューした時に出会ったという印象なんだ」

<次ページへ続く>

【次ページ】 初めての会話は自分の出身地、そしてレースのこと。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ