セ・リーグでもDH制を導入した方がいい?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 今季10年目を迎えるプロ野球の交流戦。その特別企画として、指名打者(DH)制を通常のリーグ戦とは入れ替えて、セ・リーグの主催試合で採用・・・続きを表示

●導入した方がいい
●導入しなくていい

1-10件を表示 / 全31

すべて| 導入した方がいい| 導入しなくていい|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • アマチュア(特に高校以下)であれば、攻守のバランスが悪い生徒にも出場機会を増やす、という理由で賛成ですが、プロであればそんな配慮は不要。
    そもそもピッチャーが打席に入るからこそ、ドラマが増える。
    ファンは単に「技術水準の高さ」だけを求めているワケじゃないと思うんだけどね。
    早い回に失点を重ねた投手が、なんとかチームに貢献しようと打席で必死に粘ったり、1点が重い試合展開の中で、1点を取るために好投の先発を下げるのか、1点をやらないためにチャンスでも先発を打席に立たせるのかといったベンチワークを楽しんでみたり。
    「投げる機能」「打つ機能」だけじゃ、ドラマは生まれませんて。

    61さん2014/04/27 23:14に投稿

    8
    そう思う!
  • 導入した方が良い、と思う理由は、次の3つ。

    1. 先発投手のレベルアップ
       (DH制が無い場合、試合が接戦の際、チャンスに投手に
       打順が回って来た時、代打を出される可能性が高い。
       これでは、完投能力が高い投手が育ちにくくなる。)
    2. 守備が下手だが、打撃力が高い選手を活用する事が
      出来る。
       (セ・リーグにDH制があれば、ラミレスももう少し横浜で
       活躍出来たのでは? あるいは、晩年の金本も、理不尽
       なヤジにさらされる事が無かったのでは?)
    3. 周期的にDHで、主力選手を休養させる事が出来る。
      (そうすれば、試合を観戦しに行った日にたまたま、
       お目当ての選手が欠場、という事は減るのでは?)

    しかし、DH制を導入した場合、「代打の神様」みたいな、
    一振りにかける選手が減る事になりますが。。。

    ちょくさん2014/04/22 20:02に投稿

    4
    そう思う!
  • パリーグのピッチャーは息を抜く暇がないので、成長した。また、好投していても僅差でピンチヒッターをおくられることもないので、ピッチングの計算ができた。
    そう考えてみるとセリーグも考えていいのではないか。
    ファイターズの大谷みたいに二刀流が出てきたので、希望の球団はDHとピッチャーも打席に立たせる10人制を選択するという考えも面白いかもしれない。

    呼子の貴公子さん2014/04/23 07:29に投稿

    4
    そう思う!
  • セパ共にDH制となれば、アマチュア球界もDH制が主流になるでしょう
    DH制の特徴は野手が一人多く出られること
    つまり、少年野球や高校野球で試合に出られない子が一人減るということに
    これは素晴らしい
    ということで、子供たちの未来のため導入賛成に一票

    sinn9nnnさん2014/04/24 13:04に投稿

    4
    そう思う!
  • 個人的には、導入反対です。セパの両方になくても良いからです。投手も選手なんだから、打席にも立つべきです。ただ、ファンや選手や現場スタッフやフロントスタッフとか関係者総意一致なら反対はしませんけどね。それよりも、球団数を増やしたり、延長イニング制限の完全撤廃、試合開始時間の柔軟性(もう少しナイトゲームの開始時間を遅らせてほしい)、試合数の増加、WBC対応としてドーム球場や人工芝の是正策でしょう。

    おもっちはトンボさん2014/04/22 19:07に投稿

    3
    そう思う!
  • DH制を導入する・しない、どちらにもメリットデメリットがあると思います。
    個人的にはどちらのスタイルにも違った面白みを感じるので、両方見たいというのが本音です。
    また、現状のやり方(パのみ採用)では、最終的に選手権を戦うときに「本当にフェアだ」とは言えないと思うのです(セ・パで1年間戦ってきた過程が異なるとでも言いましょうか)。

    要するに、全12球団が等しく同じ条件で全日程を終えることが必要かと考えます。
    テーマから少し外れますし、日程的に可能かどうかはわかりませんが、
    ◆交流戦は全てDH制採用
    ◆自リーグ同士の試合でも半分はDH制採用。残り半分は不採用。

    こうすることで12球団全てが同じ条件でリーグタイトル・日本一を目指すことができ、ファンもDH有無それぞれの楽しみを享受できるのではないでしょうか。

    予告先発ならぬ予告DHなんてのも面白いかもしれませんね。

    ゲオル元・はぢさん2014/04/23 11:27に投稿

    3
    そう思う!
  • 野球の面白さは駆け引きよりも強い選手が生まれることで成り立っていると思うので、そういう意味ではDH制があるほうがリーグのレベルは高くなるような気がします。
    ただやっぱり、投手も打つという文化がなくなってしまうのも残念なので、後半戦だけDH制を導入すればいいと思います。
    つくづくDH制は先に導入したもの勝ちだな、と感じます。

    O・FACTORYさん2014/04/24 15:02に投稿

    3
    そう思う!
  • 導入すべきだと思う。
    プロ野球は、興業であり投手の打席も見せ物である。昔のエースたちは打撃もプロであり、打席に立ってもわくわくしながら見ていた。巨人の金田、堀内、阪神の江夏、近鉄の鈴木、鈴木は確か7番を打っていたような。野茂に至っては日本人メジャーの第1号ホームランを打ち、ラソーダ監督も野茂の笑顔を初めて見た言っていた。
    最近の実況・解説も投手の打撃については疲れるから、投球に影響するからといって、打撃に前向きな姿勢を否定するような発言も目立つ。1億、2億も年俸を手にしながら疲れるなんてプロといえない。
    今の状況なら投手の打撃は、見る価値がない。一刻も早くセリーグもDH制に。

    クジラさん2014/04/26 14:32に投稿

    3
    そう思う!
  • 基本的に守れなかったら野球じゃないってことだと思うので、守備しないのに高い年棒なのはずるいなって。
    それよりも交代枠とか作ったほうがもっとシビアな戦術ができるんじゃない。
    ワンポイントリリーフとかもっとやばいのは代打の代打みたいなことあるけど、なんだそれ。

    TORONCOさん2014/04/27 12:47に投稿

    3
    そう思う!
  • 絶対しないほうがいいです。
    かつて、金田、江夏、堀内、桑田、その他そうそうたる
    名投手がバッティングでも活躍したように、エースで四番というのは
    中学・高校では憧れの存在でした。
    もし、プロ野球がセ・パ両リーグでDH制が導入されるようなことがあれば
    そういった可能性のある選手が出てこなくなるでしょう。
    もちろん、DH制を否定するわけではありませんが、両方あって選択肢があるという
    ことが健全なのではないでしょうか。

    Seijiさん2014/04/23 11:44に投稿

    2
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ