ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

凝縮されたドラマで辿る
8000m峰14座の初登頂史。
~『ヒマラヤ登攀史 第二版』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/04/23 10:00

凝縮されたドラマで辿る8000m峰14座の初登頂史。~『ヒマラヤ登攀史 第二版』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『ヒマラヤ登攀史 第二版』深田久弥著 岩波新書 800円+税

 世界の8000m以上の山は14座、そのすべてがヒマラヤ、カラコルム山脈にそびえている。1950年、人類初の8000m峰の登頂がフランス隊によってアンナプルナで達成された。それから14年、1964年に中国隊がシシャパンマ(本書ではネパール名ゴザインタン)の頂上に立ち、8000m峰はすべて登頂された。本書は、その14座の初登頂史だ。

 著者に説明は不要だろう。日本の山の本で不朽の地位にある『日本百名山』の山の作家。本書は『百名山』のヒマラヤ版ともいえる。それぞれの山の観測史、探検史、登攀史を背景に初登頂の冒険行を語る。一つの山に割かれるのは15ページから30ページほどだが、中身は濃い。

 著者は登頂にかかわった登山家の手記を始めとする資料を幅広く収集し、そのエッセンスを絞り出す。アンナプルナ登頂のフランス隊には隊長モーリス・エルゾーグの手記『処女峰アンナプルナ』(ヤマケイ文庫)がある。

14座のすべてを登頂した12年がかりの“完結版”。

 出発から頂上を極め、荒天のなか凍傷にかかった手足の指を切り落としながらの凄惨な下山までの360ページが本書では7ページに凝縮される。多数の犠牲者を出し6回の挑戦で「魔の山」ナンガ・パルバットを制したドイツ・オーストリア隊、エリザベス女王戴冠式の前夜にエヴェレスト登頂の報告を届けたイギリス隊、周到な準備とチームワークの日本隊のマナスル登頂……14座のすべてが、登山家の一歩一歩雪の尾根を踏みしめる足取りさながらの“報告書”だ。

 本書には『第二版』の副題が付く。初版は日本隊マナスル登頂1年後に出版され副題は『八千メートルの山々』。まだ3座が未登頂だった。そして最後の8000m、シシャパンマが登頂された5年後の1969年に挑戦史だけの3座に初登頂記が加えられ『第二版』が出された。いわば12年がかりの“完結版”だ。

 初登頂には時を越えたドラマがあるが、「私は文学的虚栄心を犠牲にしても、記述の正確を期した」と初版あとがきにある。事実の積み重ねでドラマを伝えた著者の情熱の結晶。ロングセラーは当然だった。

関連コラム

ページトップ