Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<日本人選手“100人に聞きました”> '13-'14欧州サッカー マイベストプレイヤーズ。 ~清水エスパルス編~  

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/04/18 11:00

Number851号に掲載された、日本のサッカー選手100人に
ベストプレーヤーを選んでもらう大アンケート企画。
本誌に掲載しきれなかった選手のみなさんのアンケートを、
NumberWeb上で公開します! 今回は清水エスパルス編です。
   高木俊幸   高木善朗   本田拓也   吉田豊 

清水エスパルス 高木俊幸
       (清水エスパルス・2列目)

セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
ダニエウ・アウベス(バルセロナ)
シャビ・アロンソ(レアル・マドリー)
2列目
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
ズラタン・イブラヒモビッチ(パリ・サンジェルマン)

選考理由

 セルヒオ・ラモスは攻撃の意識が高いので、本来はDFに不向きだと思うけど、身体能力でカバーしている。ダニエウ・アウベスは文句なし。スタミナがあって、点も取れる。シャビ・アロンソは、慌てているところを見たことがないほど冷静で、プレーに乱れがない。クリスティアーノ・ロナウドは、多くの人が認める世界一の選手。守備は期待されていないかもしれないけど、攻撃力であっさりとカバーしている。見るだけで、最もワクワクする選手。イブラヒモビッチは身長があり、体のキレも良く、無敵。これだけポテンシャルが高い選手がいれば、怖いものなし。

ベスト1 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
ベスト2 ヘスス・ナバス(マンチェスター・シティ)
ベスト3 アリエン・ロッベン(バイエルン)

選考理由

 ヘスス・ナバスとは、昔、テレビの企画で一緒に練習したことがあって、体は大きくないが個で突破ができ、スピードもある。自分に近いタイプ。ロッベンは注目され、相手に警戒されていても自分の得意なプレーでゴールを決めている。あれは僕にはできない。僕なら別の手段を選びます。

クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)

リーガ・エスパニョーラ

レアル・マドリー

 

<次ページへ続く>

【次ページ】 続いては、2列目の高木善朗選手!

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ