Number on NumberBACK NUMBER

知られざる大熱狂。
~“アメリカ版甲子園”大学バスケ~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/04/18 16:30

知られざる大熱狂。~“アメリカ版甲子園”大学バスケ~<Number Web> photograph by Getty Images

NCAAトーナメントで優勝を果たし、パレード車に乗るコネチカット大のライアン・ボートライト。

 NFLのスーパーボウル、MLBのワールドシリーズ、そしてNBAのNBAファイナル――北米プロスポーツのシーズン王者決定戦はどれも人気が高く、日本でもテレビ中継される。だから日本のスポーツファンも、それがどのような会場で、どれくらいの観客を集めて行なわれているか、だいたい知っている。

 しかし一つ、日本ではあまり知られていない米国のビッグイベントとして、大学バスケットボールの全米王者決定戦「NCAAトーナメント」を挙げることができる。

決勝は約8万人の観衆が集まり、約30万円のチケットも。

 毎年3月から4月にかけて開催される全米の大学、68校によるこのトーナメントは、大学スポーツのイベントとして米国で最も注目度の高いものだ。それはこの大会の観客動員を見れば理解できる。現地時間4月7日に行なわれた今年の決勝戦「ケンタッキー大―コネチカット大」は、7万9238人の観客を集めた。会場はNFLカウボーイズの本拠地AT&Tスタジアム。チケットの料金は、安い席でも110ドル(約1万1000円)ほど、コートサイドの高い席は3000ドル(約30万円)を超えるという、たいへんな高額チケットだった。

 昨年の決勝戦「ルイビル大-ミシガン大」もNFLファルコンズの本拠地ジョージアドームで行なわれ、チケットの平均価格は720ドル(約7万2000円)だったが、7万4326人を集めている。

 NCAAトーナメントは、大学バスケットボールのレギュラーシーズンが終わったあと全米各地区(カンファレンス)の優勝校31校、そして選定委員会が選んだ優秀校37校の、合計68校が出場する大会。1回戦から5回戦までは全米各地で開催され、5回戦が終わって4校まで絞られると、一つの都市に集まって準決勝と決勝を行なう。この4校による戦いは「ファイナル4」と呼ばれ、近年では巨大会場で開催するのが恒例となっている。

 今年の決勝戦の7万9238人は、決勝戦の観客動員最多記録だったが、NCAAトーナメントの最多記録ではなかった。このトーナメントが1会場で集めた最多記録は今年の準決勝で記録した7万9444人だ。準決勝だから1日で2試合を行なうわけだが、NCAAトーナメントは例年、決勝よりも準決勝のほうが入ることが多い。

【次ページ】 ジョーダンらを擁したブルズ黄金期を上回る観客数。

1 2 NEXT
渡邊雄太

ページトップ