ゴルフPRESSBACK NUMBER

マスターズ初日はパット不調で90位。
松山英樹、成長は「心の扉」の先に。  

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/04/11 11:45

マスターズ初日はパット不調で90位。松山英樹、成長は「心の扉」の先に。 <Number Web> photograph by Getty Images

グリーンの状態が目まぐるしく変わったことでパットに苦しみ、8オーバーと大きく遅れをとった松山英樹。予選通過へ向けた切り替えも見せ、2日目に挽回の期待がかかる。

「馬鹿げているというほど難しかったわけじゃないけど、かなり難しかった」

 昨年のマスターズを制し、今年もグリーンジャケットを狙うアダム・スコットは、史上3人しか達成していないマスターズ連覇を果たすべく、初日を2位で好発進。ラウンド後の会見でこの日のオーガスタの難しさを問われると、イケメンの小顔にちょっぴり皺を寄せながら冒頭の言葉を口にした。

 マスターズチャンプが「かなり難しい」と振り返った難度の高いコース設定。マザーネイチャーが仕掛けた大自然の罠。運・不運を振り分ける勝負の女神。そして、オーガスタに棲むと言われる魔女。そのすべてが、初日はスコットに微笑みかけ、松山英樹には味方をしてくれなかった。

 松山は出だしの1番からグリーンを外し、第3打のチップはヘッドが強く入って2メートルもオーバー。パーパットを沈められず、ボギー発進。パー5の2番は2打でグリーンを捉えながら、3パットを喫して平凡なパーどまり。嫌なムードが漂った。

 3番はピン4メートルに付けてバーディー獲得。流れを好転させるきっかけになればと祈るような気持ちで眺めたが、「目標は優勝」と語った強気な言葉とは正反対に、松山のパットはカップにまるで届かない弱気なショートばかりが続いた。

開幕前の豪雨が、グリーンに仕掛けた悪戯。

 オーガスタのグリーンの地下には、水はけを良くするための「サブエア・システム」なる機械が埋め込まれているが、開幕前の嵐のような豪雨は、文明の利器を上回る悪戯を仕掛けてきたようで、この日のグリーンは傍から見ても午前中はソフトだった。その湿り気や柔らかさが芝の成長や芝目の揃い方、グリーンのスピードに微妙な影響を与えていたのだろう。

 それらに対応できず、読み切れず、松山はついには8番で4パットを叩いてダブルボギー。9番、10番は2連続ボギーを喫した。

 ショート気味だったパットは、グリーンが乾いてドライアップしていったせいか、それとも松山の感覚が一層狂っていったせいか、やがてオーバー気味に変わり、終盤はショートとオーバーが交互に出るような状況へ。

「パットの修正がうまくできなかった」

 8オーバーの80を叩き、90位と大幅に出遅れた。

【次ページ】 「0か、1か」ではドン詰まりになってしまうのでは。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松山英樹
アダム・スコット

ページトップ