サッカーの尻尾BACK NUMBER

レアルが0-2敗戦もCL準決勝進出。
ポゼッションスタイル、未だ完成せず。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/04/09 11:20

レアルが0-2敗戦もCL準決勝進出。ポゼッションスタイル、未だ完成せず。<Number Web> photograph by Getty Images

ロナウドが出場しなかった2ndレグを0-2で落としたが、初戦の3点のリードで辛くもレアル・マドリーが準決勝へ。厳しいコンディションの中で、リーガ、国王杯、CLの三足の草鞋をはくマドリーの命運は。

 試合後のユルゲン・クロップは、チャンピオンズリーグ敗退にもかかわらずどこか満足気だった。

「最高の去り方だよ。我々の方が優れていた。問題は2-0でしか勝てなかったことだ。しかしこれも人生だ」

 さっぱりとした彼の表情も理解できる。

 単純にこの試合での2チームを比べた場合、準決勝に値するのがどちらかといえば、それは明らかにドルトムントだったからだ。

 ドルトムントは走り勝ち(ドルトムントに走り勝てるチームがどこに存在するだろう)、決定機でもレアル・マドリーを圧倒した。

 ムヒタリアンにはゴールに押し込むだけという大チャンスがあり、それ以外にもドルトムントは攻め込んで決定機を作り続けた。

 またしても大舞台で好セーブを連発したカシージャスがいなければ、今頃はドルトムントが勝利を祝っていたはずだ。

 しかし、第1戦3-0のリードを生かして準決勝に駒を進めたのは、今季の中でも最低レベルのパフォーマンスに終始したマドリーだった。

ミスから2失点、そしてディマリアのPK失敗。

 この試合、マドリーは自ら首を絞めることになった。

 2失点はともにマドリーの完全なミス。ペペとイジャラメンディのバックパスをロイスに決められるという、同じ形から2失点を喫する。

 その前には、ディマリアがPKを外すという大失態を犯した。このPKが決まっていたら、事実上試合は終わっていた(その場合ドルトムントは5点が必要になる)だけに、スペインメディアは試合後にさっそくディマリアを戦犯にしている。

 シーズンがかかったこの大一番でディマリアではなく、イジャラメンディを中盤中央に置いたカルロ・アンチェロッティの決断は失敗に終わる。

【次ページ】 勝者の表情には疲労感、安堵、不安が浮かんでいた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ボルシア・ドルトムント
レアル・マドリー
カルロ・アンチェロッティ
ユルゲン・クロップ
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ