SCORE CARDBACK NUMBER

フェド杯で期待したい、
奈良の力と新監督の手腕。
~吉田友佳の女子テニス強化策~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byMannys Photography

posted2014/04/02 16:30

2月のアルゼンチン戦で日本女子のエースとなった奈良(右)と初采配を振った吉田監督。

2月のアルゼンチン戦で日本女子のエースとなった奈良(右)と初采配を振った吉田監督。

 このところ特筆すべき活躍がなかった日本女子の中にあって、2月のブラジル・リオオープンでの奈良くるみのツアー初優勝は久々の朗報だった。

 奈良は日本女子では井上悦子、クルム伊達公子、杉山愛らに次ぐ8人目のツアー優勝者となった。失礼ながら、飛び抜けた何かを持った選手ではない。伊達ほどのショットの切れも、杉山ほどの足の速さもない。しかし彼女は、原田夏希コーチが「どんな時でもくさらず、心折れずにやれる」と誇るように、向上への努力を続けられる選手。その「才能」が結実した初優勝と言えるだろう。

 この優勝の少し前に、奈良は国別対抗戦フェドカップ日本代表としてアルゼンチン戦に臨んだ。森田あゆみは体調が万全でなく、伊達はツアーを優先させたため、奈良が初めてエースの重責を担った。

 吉田友佳監督にとっても昨年8月の就任後初の実戦だった。舞台はアウェー。雨の影響で赤土コートの球足が極端に遅くなったこともあって、日本は1勝3敗で敗退。ただ、奈良も土居美咲もファイナルセットにもつれる接戦を演じ、代表初選出の19歳尾崎里紗は青山修子と組んだダブルスで勝利を挙げた。吉田監督にもある程度の手応えがあった様子。尾崎の抜擢など、監督の独自色も出した。

吉田監督は同じ努力家タイプの奈良をどう育てるのか。

 現役時代の吉田監督は、まさに奈良と同じで、地道な努力で、天から与えられた才能を出し尽くした選手だった。昨秋の就任会見では、こんな言葉があった。

「フェド杯代表では(エースに次ぐ)ナンバー2、ダブルス要員としても頑張ってきたので、トータルで色々な選手の気持ちが分かる。一人一人にどうアプローチしていくかも分かると思う」

 前任の村上武資監督は熱心さのあまり、脇目もふらず突っ走り、なかなか選手と足並みがそろわなかったが、吉田監督は選手の良き伴走者となりそうだ。

 4月に日本はワールドグループ2部入れ替え戦でオランダと対戦する。敗退すれば来季はアジア・オセアニア予選に回る。実績のある森田はチームに欠かせない存在だし、昨年のロシア戦を最後に代表を離れた伊達も頼りになる選手ではある。初優勝でひと皮むけた奈良を中心に、どんなメンバーで挑むのか、そして、若きエースの奈良をどう育てていくのか、新監督の手腕に注目したい。

関連コラム

ページトップ