ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

ブンデスの名門シュツットガルトが、
岡崎慎司の獲得を熱望する理由。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2011/01/15 08:00

ブンデスの名門シュツットガルトが、岡崎慎司の獲得を熱望する理由。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

代表選手としてザック・ジャパンでも獅子奮迅の活躍を見せる岡崎。アジアカップ後には移籍も正式発表されるはずだ

 ドイツでは名門クラブだが、日本では知名度が低い。それがシュツットガルトだろう。ところが、2011年に入って日本での注目度が一気に増しそうな気配である。

 日本代表としてアジアカップを戦っている岡崎慎司が移籍すると見られているからだ。

 ドイツの報道では、条件面での話し合いもまとまり、メディカルチェックを残すのみと見られている。「キッカー」誌は、「岡崎は素早く環境に慣れないといけない。さもないと、チームの残留争いに貢献できない」とすでに岡崎の移籍は確実だと伝えている。

 シュツットガルトはこれまでにもたびたび、日本人選手の獲得に動いてきた。具体的なオファーまで提示して、松井大輔の獲得に本気で動いたこともある。

シーズン途中での監督交代が異常に多いシュツットガルト。

 昨秋からボビッチGMは「非常に興味深い選手だ」と繰り返し語り、岡崎への興味を隠そうとしなかった。岡崎獲得に向けての動きはラバディア監督が就任する前からの話であったが、当のラバディアも岡崎の獲得に乗り気だ。

「岡崎は攻撃的なポジションならばどこでもこなす万能型の選手だ」と評価する一方、岡崎のアジアカップへの参加についても「彼にとっては、良い経験になるはずだ」と理解を示している。

 シーズン途中に岡崎の獲得を熱望していることからもわかるように、今季のシュツットガルトは苦しい戦いを強いられている。

 前半戦を終えて、下から2番目、降格圏の17位に位置している。昨年10月13日にグロース監督が契約を解除され、ケラーが監督に就任するものの、わずか2カ月でその座を追われた。新監督のラバディアは、12月12日に就任したばかりだ。

 シーズン中に2人も監督が代わるだけでも問題なのだが、実はシーズン途中の解任劇は近年のシュツットガルトのお家芸となっている。今シーズンまで3季連続で監督がシーズン途中に交代しているのだ。成績不振と監督交代は切っても切れないもの。しかし、シュツットガルトの近年の成績は悪くない。むしろ、結果的に見れば安定した成績を残していると言える。

【次ページ】 成績もそこそこ良く、選手の質も悪くはないが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
岡崎慎司
シュツットガルト

ページトップ